ホーム > 県政情報 > 統計分析 > よくわかる統計トピックス

更新日付:2017年2月9日 統計分析課

よくわかる統計トピックス

 「よくわかる統計トピックス」では、最新の統計情報をもとに統計の活用方法、見方などについて分かりやすく解説をつけ、簡単にまとめたものを毎月随時掲載していきます。

【平成26年度、平成27年度に公表したトピックスをまとめて冊子にしました。下記からダウンロードできますので御利用ください。】

「家計調査」を知っていますか?~家計調査から分かること~

「家計調査」という調査は、「国勢調査」などの調査に比べると、聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか?
今回は、家計調査がどんな調査で、この調査からどのようなことが分かるのかをご紹介します。
電卓
1 家計調査とは

家計調査は、家計の収支を家計簿に記入してもらうことによって、国民生活の家計の収支の実態を毎月明らかにすることを目的として調査されています。
全国で約9千世帯を抜き出して調査し、その結果から全国の世帯の家計収支を推定する標本調査です。
青森県では、青森市、むつ市、東北町の143世帯で実施されています。
日本地図
2 調査の流れ

(1)総務省統計局
 調査地区の選定を行います。

(2)都道府県・指導員
 調査員の選任・指導、調査世帯の選定を行います。

(3)調査員
 調査地区を回って世帯名簿を作成します。
 選定された調査世帯に調査の依頼や調査票の配布・回収を行います。

(4)調査世帯
 調査票(家計簿など)への記入を行います。
 家計簿には毎日の家計の収支を記入します。
回収された家計簿は総務省統計局に送られて集計され、様々な統計表が作成されます。

3 家計調査の結果から分かること

このようにして作成された統計表から、世帯の収支や費目ごとの支出金額を全国平均と県庁所在市とで比較することができます。(図1)
2015年(平成27年)平均の全国平均と青森市を比較すると、収入金額は、青森市が全国平均を下回っていることが分かります。
支出金額のうち全国平均を上回っている光熱・水道は、冬期間に灯油の支出が増えるためと考えられます。
図1

その他に、家計調査では、貯蓄や負債についても見ることができます。
二人以上の世帯における2015年平均の1世帯当たりの貯蓄現在高(平均値)は1,805万円です。
貯蓄現在高階級別の世帯分布をみると、平均値(1,805万円)を下回る世帯が68.0%と約3分の2を占めており、貯蓄現在高の低い階級の偏った分布となっています。(図2)

二人以上の世帯に占める2015年平均の1世帯当たりの負債現在高(平均値)は499万円です。
二人以上の世帯における負債保有世帯の割合は38.1%で、負債保有世帯に限ってみると、負債現在高(平均値)は1,310万円となっています。
負債保有世帯について、世帯主の年齢階級別に純貯蓄額(貯蓄現在高-負債現在高)をみると、50歳未満の年齢階級では、負債現在高が貯蓄現在高を上回っており、40歳未満の世帯の負債超過額が1,268万円と最も多くなっています。(図3)
図2図3
また、家計調査から、県庁所在市や政令指定都市の品目別の支出金額等を知ることができます。
総務省統計局のホームページでは、3年平均によるランキングを公表しています。

平成25~27年のランキングをみると、青森市は「ほたて貝」、「ウイスキー」、「カップ麺」、「灯油」などの購入金額が全国で第1位であることが分かります。
「りんご」の購入金額は、第3位でした。(図4)
逆に、購入金額が全国最下位だったものは、「ミネラルウォーター」、「外食」です。
水道水が美味しいことや、冬期間は外出が少なくなりがちなことが関係しているのかもしれません。
図4
4 最後に

家計調査は、国民生活の実態を把握するため、昭和21年7月から実施されているもので、その結果は、国や地方公共団体の各種政策の基礎資料として使用されるほか、研究機関や企業でも広く利用されています。
社会経済にとって不可欠な資料ですが、調査世帯の協力がなければ、このような詳細なデータを集計することができません。
もし、ご家庭に家計調査の調査員が協力依頼に訪問した際には、調査へのご協力をお願いします。


[出典]総務省統計局 家計調査

家計調査年報(家計収支編)平成27年(2015年)
http://www.stat.go.jp/data/kakei/2015np/index.htm

家計調査年報(貯蓄・負債編)平成27年(2015年)
http://www.stat.go.jp/data/sav/2015np/index.htm

品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成25~27年平均)
http://www.stat.go.jp/data/kakei/5.htm

過去の統計トピックス

「平成27年度版よくわかる統計トピックス」が冊子になりました

「平成26年度版よくわかる統計トピックス」が冊子になりました

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

統計分析課 経済統計グループ
電話:017-734-9168  FAX:017-734-8038

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度