ホーム > 県政情報 > 統計分析 > 第2回 青森県統計教育セミナーについて(平成26年7月22日に開催しました。)

更新日付:2014年8月1日 統計分析課

第2回 青森県統計教育セミナーについて(平成26年7月22日に開催しました。)

 当セミナーは、統計を取り巻く環境が、新学習指導要領に伴う統計教育の拡充など大きく変化していることから、その現状を把握するとともに、統計指導の充実を図り、本県の将来を担う人財などが統計の重要性を理解するなど、統計思想の普及啓発を推進することを目的として実施しました。
  ※青森県では、「人は青森県にとっての「財(たから)」である」という基本的な考え方から、「人」「人材」などを「人財」と表しています。
開催概要
○日 時  平成26年7月22日(火) 13:00~16:00
○場 所  八戸市「グランドサンピア八戸」(2階大岳) 
      八戸市東白山台中央1-1-1
○主 催  青森県
○共 催  青森県中学校教育研究会数学部会
〇協 力  総務省
○後 援  日本統計学会、全国統計教育研究協議会、青森県教育委員会、八戸市教育委員会、青森県統計協会
○対 象  小学校、中学校、高等学校、大学等において統計教育指導を行っている者、将来教職等を目指している者、統計教育に関心のある者等
○参加費  無料
〇参加者  約130名
当日プログラム
(1)主催者挨拶 青森県企画政策部長 小山内 豊彦
(2)来賓挨拶 総務省政策統括官(統計基準担当)付統計企画管理官室調査官 金沢 郁
(3)基調講演
  「『資料の活用』領域で育みたいデータに基づいて身近な問題を発見し解決する力」
  慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科教授 渡辺 美智子
(4)事例研究
  「『資料の散らばりと代表値』の単元づくり
           ~統計的思考力の育成を目指して~」
  青森市立新城中学校 教諭 猪股 典生
(5)特別講演
  「数学的活動を大切にした『資料の活用』領域の授業づくり」
  文部科学省国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部
  学力調査官・教育課程調査官 新井 仁
(6)閉会挨拶
  八戸市中学校教育研究会数学部会長 小笠原 徹
  • 主催者挨拶 小山内青森県企画政策部長
  • 来賓挨拶 金沢調査官
  • 基調講演 渡辺 美智子氏
  • 事例研究 猪股 典生氏
  • 特別講演 新井 仁氏
  • 閉会挨拶 小笠原八戸市中学校教育研究会数学部会長

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

統計分析課 管理・教育統計グループ
電話:017-734-9164  FAX:017-734-8038

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度