ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 観光企画(施設整備・観光情報発信・水族館) > 下北「海の道」魅力発信事業

更新日付:2015年3月31日 下北地域県民局地域連携部

下北「海の道」魅力発信事業

 三方を海に囲まれている青森県において、圏域外(下北地域以外)に3つもの海上航路がつながっているのは下北地域だけであり、強みでもあります。また、平成25年4月18日には、大間~函館間を結ぶ新フェリー「大函丸」が就航し、船旅が注目を浴びています。
 さらに平成27年度には、北海道新幹線函館開業が予定されており、海上航路を活用した津軽海峡圏での交流人口拡大を図る絶好のチャンスです!
 そこで、当県民局では、下北地域の特徴でもある海上航路を「海の道」として活用し、道南地域からの誘客促進を図るため、「下北『海の道』魅力発信事業」を実施します。
  当該事業では、
(1)海上航路の歴史や利活用に関するシンポジウムの開催
(2)海上航路を活用した観光モデルコースの構築・観光コンテンツの磨き上げを目的としたセミナーやワークショップの実施
(3)ワークショップで構築された観光ルートの検証
 などを行う予定です。
  • 津軽海峡フェリー「大函丸」
    大間~函館間フェリー
    津軽海峡フェリー「大函丸」
  • むつ湾フェリー「かもしか」
    むつ市脇野沢~蟹田間フェリー
    むつ湾フェリー「かもしか」
  • シィライン「ポーラスター」
    佐井~むつ市脇野沢~青森間高速船
    シィライン「ポーラスター」

取組状況

この記事についてのお問い合わせ

下北地域県民局地域連携部 地域支援室
電話:0175-22-1195  FAX:0175-22-1176

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度