ホーム > 県政情報 > 地方分権・広域連携 > 地方分権 これまでの取り組み

更新日付:2012年6月8日 企画調整課

地方分権 これまでの取り組み

 分権時代における県のあり方検討会議、青森県のあり方を考える県民フォーラム、北東北三県意見交換会、県の若手職員による自主研究など、県がこれまで行ってきた地方分権の取り組みを紹介します。

分権時代における県のあり方検討会議

 学識経験者、NPO、民間企業、商工会議所、青年会議所等の関係者を委員に、広域連携及び都道府県合併や道州制などの新たな県のあり方について、検討していただきました。

◇ 分権時代における新たな県のあり方について(最終報告書)

◇ 検討会議の概要
第1回 平成17年7月26日 青森市
 ○講演:「新たな県のあり方」 岩手県立大学助教授 田島平伸氏 
 ○議事:広域連携について
第2回 平成17年10月7日 青森市
 ○議事:「北東北のグランドデザインについて」「都道府県合併、道州制について」
第3回 平成17年12月16日 青森市
 ○議事:「都道府県合併・道州制について」「県民への情報提供、県民意識の醸成について」
第4回 平成18年2月24日 青森市
 ○議事:「各検討項目に対する補足」「報告案について」

青森県のあり方を考える県民フォーラム

 県民の皆さんに、地方分権や市町村合併が進んだ後の県の姿について、自由闊達な意見交換をしていただきました。
 16年度は県内三地区で様々な分野の方々に、17年度は八戸地区で北東北の青年会議所を中心とした方々に行っていただきました。

平成16年度
■ 県民フォーラム弘前
第1回 平成16年10月27日 弘前市
 論点:「県と市町村と民間の役割分担」「国と地方の役割分担」「広域連携」「県の区域(県合併、道州制)」
第2回 平成16年11月15日 弘前市
 論点:「道州制」「広域連携」「情報共有・気運醸成」
■ 県民フォーラム青森
第1回 平成16年12月13日 青森市
 論点:「役割分担」「広域連携」「道州制」
第2回 平成17年1月17日 青森市
 論点:「道州制」「情報共有・気運醸成」
■ 県民フォーラム八戸 
第1回 平成17年1月25日 八戸市
 論点:「役割分担」「広域連携」「道州制」
第2回 平成17年2月17日 八戸市
 論点:「県のあり方(必要性、役割、道州制)」「広域連携(北東北のグランドデザイン)」「気運醸成・情報共有」

平成17年度
■ 県民フォーラム八戸
第1回 平成17年8月25日 八戸市
 論点:「道州制に対するイメージ・疑問点」「地域のこれからの「夢」」「県への意見・提案」
第2回 平成17年11月8日 八戸市
 論点:「北東北のグランドデザイン~どのような行動を起こせるか」「道州制~道州の区域、州都、移行方法、移行時期等、道州制に期待することや懸念すること」「住民の皆さんに当事者意識を持ってもらうために(住民への浸透)」

北東北三県意見交換会

 地方分権、広域連携、道州制といった都道府県を取り巻く課題について、県境を越えた幅広い議論を行うことを目的に開催しています。
 平成18年度に岩手県で開催した意見交換会では、今後の北東北の方向性を見出すために、北東北広域政策推進会議において取り組むテーマについて、北東北の県民が県域を超えて意見交換をしました。

自主研究

北東北広域政策研究会
 北東北三県の若手職員が、自主研究として、地方分権が進んだ先の北東北地域全体の将来像を検討しました。
(それぞれの県で決定されたものではありません。)
県の未来研究会
県の若手職員が、自主研究として、地方分権が進んだ先の県の役割・将来像について調査研究しました。
(県で決定されたものではありません。)

この記事についてのお問い合わせ

電話:017-734-9136  FAX:017-734-8029

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度