ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 観光企画(施設整備・観光情報発信・水族館) > 2015年12月2日「三八地域ものづくり産業フェア2015」を開催しました

更新日付:2015年12月25日 三八地域県民局地域連携部

2015年12月2日「三八地域ものづくり産業フェア2015」を開催しました

20151202三八ものづくり技術大賞
概要
 青森県三八地域県民局では、三八地域をはじめとするものづくり企業・学術機関等の優れた製品・技術・取組等を県内外へ発信する場として、12月2日(水)に「三八地域ものづくり産業フェア2015」を開催いたしました。
 今年度のフェアでは、航空宇宙産業関連エリアをはじめ、37企業・団体によるブース展示、県内の工業高校、工業大学の取組発表、「三八ものづくり技術大賞」表彰式のほか、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)職員による講演会を同時開催しました。

 本イベントの内容をまとめましたので、今後の取組のご参考としていただければ幸いです。
三八地域ものづくり産業フェア2015

開催内容

・日時:平成27年12月2日(水)10:00~19:00(交流会含む)
・会場:八戸プラザホテル プラザアーバンホール(青森県八戸市柏崎1-6-6  TEL:0178-44-3121
・プログラム:
10:00~ 開場(出展ブース、商談スペース開場)
10:00~17:30 ブース展示(37企業・団体が参加予定)・出展企業・団体一覧はこちら
10:20~ 開会セレモニー
10:30~12:00 【第1部】特別講演 (株)田中金属製作所 代表取締役 田中 和広 氏
13:00~14:40  【第2部】ショートプレゼンテーション(12企業・団体)
14:50~15:50 【第3部】取組発表
取組発表1:「人工衛星打ち上げプロジェクトに取り組んで」(八戸工業大学第一高等学校)
取組発表2:「宇宙から見えるB-1をつくろうプロジェクト」(十和田工業高等学校)
取組発表3:「地域の安全安心のための衛星リモートセンシング技術の活用」(八戸工業大学)
16:00~17:00 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)講演【同時開催イベント】
(1)JAXA宇宙探査イノベーションハブの概要について
(2)JAXA宇宙探査イノベーションハブの目指す研究開発
17:40~18:00 「三八ものづくり技術大賞」表彰式
18:00~19:00 全体交流会
  • 三八地域ものづくり産業フェア2015

【第1部】特別講演

講演テーマ:「美濃の山あいから世界へ ~起死回生のシャワーヘッド~」
講師:(株)田中金属製作所 代表取締役 田中 和広 氏
<プロフィール>
1968年生まれ。地元部品加工会社に就職、5年間修行を終え真鍮部品加工の職人として家業の(株)田中金属製作所を継ぐ。水栓部品加工の傍ら自社商品『節水シャワーアリアミスト』を開発し事業化。幾多の困難に見舞われても決して諦めず、常に前を見て努力し続ける不撓不屈のリーダー。現在、海外市場への展開にも着手。
特別講演の様子
 「中小企業が元気になるように!」と「ムダとり戦隊「カイゼンマン」のテーマ曲「カイゼンパワー」が会場内に流れ、和やかに特別講演は始まりました。時折、笑いを織り交ぜた軽快な口調とは裏腹に、自らの体験を赤裸々に語り、講演を進める田中 和広代表取締役。
 債務超過8,000万円、借金1億6,000万円という状況から、どのように会社の経営はV字回復して行ったのか。決して順風満帆なサクセスストーリではなかった(株)田中金属製作所を救った起死回生のシャワーヘッドとは。ヒット商品を生み出した立役者、田中 和広氏がどのように自社製品を発信し「しごとづくり」をしてきたのか。
 ステージ上での実演も踏まえながら、七転八起の経営から学んだこと等、大変貴重な御講演を頂きました。

(講演録より田中 和広氏の講演内容を一部抜粋し、ご紹介いたします)
・僕が言いたいのは、僕ら中小企業って、いっぱい良い製品が作れるんですね。だけど、売る場所を知らないんですよ。僕もそうでした。売り方を知らない。しかし、私が経験したことはいくら良い商品、人に喜ばれる商品をつくっても、売れるとは限らないと言うことなのです。 良い製品ができた、これなら売れると皆が思います。でも、売れないことの方が多い。私もそうでした、自らが売れるように道を作り上げていく必要があるのです。売れるようにしようと。皆に発信をしていこうと。自分からやっぱり発信をしていくことが非常に大事だということに気付いたんですね。 

・だから、「売れない、売れない」って言っている人に、どうしたら売れるのって聞かれるんですね。私は、発信をすることを自ら行ってきただけなのです。ただ、それを自分でおこなう必要があるのです。代表自らが売り場に立つ事が大事なのです。社長、自分から現場に立たないと売れないよって。

・以前は実演自体やる意味が無いと言う感覚がありましたが、現在は現場を知らなくて何ができるか、代表自ら現場で販売をして、お客様とふれあい商品の魅力を伝えることが大事だと確信しています。代表だからこそ自分の商品に対する思いは強く、普通の販売員の数倍の訴求力があり、お客様にも想いが届く。 

・僕らは、商品をどう舞台に上げるかということが大事だと思うんです。ましてや無名の商品、売れるか売れないか分からない商品を他人が一生懸命売るわけがない。そうしたら、誰がやるのっていったら、自分ですよ。自分で売るしかない。だから、お客さんが買ってくれるステージを作ればいい。だから、今も立っています、ステージに、このステージに。 

・僕ら中小企業は一社一社としては小さいのですが繋がることにより大きな波を起こすことができると思います。私が出会った経営者の人達、皆、元気な人ばかりが多いです。プラスのことしか言わない。そんな人ばかり。絶対、マイナスのことを言わない。言ったことは、絶対叶うんですね。そういう動きをすると、商品もやっぱり売れていく。商品が伝わっていく。 

・最後に、私の会社の行動指針「すぐやる 必ずやる できるまでやる」SKD。この3つの言葉に刻まれている考え方が、私が行動をするに辺り自分に課して実践している事です。この3つの言葉に中小企業が行動する指針が全て入っています。躊躇してゆっくり構えて進んでいては、まずはトライしてみる事が大事です。自分から挑戦していくスピリットを忘れないように行動しやり続ける事、できるまで辞めなければ必ず想いはかなえられる。この3つの言葉が、僕は非常に大好きで、いつも社員に話をしています。

【第2部】ショートプレゼンテーション

概要
 来場者への効果的な自社PRのため、12企業・団体により、展示ブースと連動した内容のショートプレゼンテーションが行われました。
 1企業・団体5分の持ち時間の中で、PRする製品・技術・取組等の概要、強み、セールスポイント等を発表。また、ショートプレゼンテーション参加企業・団体を対象に「三八ものづくり技術大賞」を実施し、最優秀賞は十和田市の「(有)東奥電気」が受賞しました。(受賞結果一覧
参加企業・団体のご紹介
1.(株)アイティコワーク(八戸市)
2.(株)共同電算センター(八戸市)
3.(株)ササキコーポレーション(十和田市)
4.三八リフレPR会((有)久保工務店(有)上田工務店)(南部町、八戸市)
5.(株)ジョイ・ワールド・パシフィック(平川市)
6.(有)東奥電気(十和田市)
7.マルイ鍍金工業(株)東北工場(八戸市)
8.(株)むつ家電特機(むつ市)
9.(株)アピール(平川市)
10.三共計測プラス(株)(つがる市)
11.三沢エンジニアリング(株)(三沢市)
12.(独)日本貿易振興機構(シ゛ェトロ)青森貿易情報センター(青森市)
ショートプレゼンテーションの様子
  • (株)アイティコワーク(八戸市)
    【産直専用ポスレジ「アグリレジ」】
  • (株)共同電算センター(八戸市)
    【「業務効率化支援システム」の活用事例】
  • (株)ササキコーポレーション(十和田市)
    【木質バイオマスボイラー CaP Fire WaZa「技」
  • 三八リフレPR会((有)久保工務店、(有)上田工務店)
    【光熱費最大7割削減可能な遮熱設計の提案】
  • (株)ジョイ・ワールド・パシフィック(平川市)
    【施設園芸向けセンシングシステム
    「あぐりセンス」「あぐりクラウド」のご紹介】
  • (有)東奥電気(十和田市)
    【レーザーマーキングを活用した
    「トレーサビリティシステム」】
  • マルイ鍍金工業(株)東北工場(八戸市)
    【めっき屋には珍しい、どこでも行ける機動力!】
  • (株)むつ家電特機(むつ市)
    【ピンアウター(アゲピン除去装置)】
  • (株)アピール(平川市)
    【3Dプリンタを活用したものづくりの常識を覆す
    新しい製造プロセスの提案】
  • 三共計測プラス(株)(つがる市)
    【ものづくりでの赤外線サーモグラフィ測定】
  • 三沢エンジニアリング(株)(三沢市)
    【航空機搭載用角度センサー】
  • (独)日本貿易振興機構(シ゛ェトロ)
    青森貿易情報センター(青森市)
    【ジェトロのサービスのご案内】
「三八ものづくり技術大賞」ショートプレゼンテーション審査の様子
「三八ものづくり技術大賞」エントリー企業に、7名の審査員から様々な質問が投げかけられていました。
ショートプレゼンテーション審査のあとは、審査員が各ブースを回り、ブース前でも質疑応答が行われました。
20151202三八ものづくり技術大賞審査員
20151202三八ものづくり技術大賞審査員

【第3部】取組発表

取組発表参加校・内容のご紹介
 八戸工業大学第一高等学校、青森県立十和田工業高等学校の生徒の皆様、八戸工業大学工学部電気電子システム学科の佐々木 崇徳講師による人工衛星に関連した取組発表が行われました。また、コメンテーターとして、JAXA宇宙探査イノベーションハブの川崎様、星野様にお越しいただきました。

 八戸工業大学 佐々木講師の取組は、災害対策への取り組みにとどまらず、人工衛星技術の県内産業への応用の可能性に関する内容でした。産業に寄与する人工衛星の開発、運用などを中心とした各種工業技術の結集 → 県産人工衛星の実現を目指そう!といった内容も。興味がある方は、ご連絡してみてはいかがでしょうか。

 今回参加した工業高校の生徒の皆様の発表は、15分間の中で動画を有効に活用する等、様々な工夫をし、学校や企業の代表者等を前に堂々と発表していました。
 八戸工業大学第一高等学校は、全国9校中の1校に選ばれ、平成31年打ち上げ予定の「小型人工衛星打ち上げプロジェクト」の取り組みについて。青森県十和田工業高等学校は、ユニークなアイディアでまちづくりに寄与する「宇宙から見えるB-1をつくろうプロジェクト」の取り組みについて発表していただきました。
 八戸工業大学第一高等学校の取組には、「JAXAにできないことに取り組んでいる」「自分たちの高校以外で取り組んでいることにも目を配って全体を見て進めて行くと良いのでは」「今は地球を周回する衛星の取組であるが、今後、月や火星探査が始まった時に、高校生や大学生にも地球から離れていく衛星や探査機の製作を目指してほしい」
 青森県立十和田工業高等学校の取組については、「思いもしない人工衛星の使い方をしている。宣伝に役立つところまで考えているプロジェクトである点、発想が素晴らしい」「宇宙飛行士が宇宙ステーションからtwitterで送信している写真も地域活性化に有効に活用できるのでは」といったコメント、アドバイスを頂きました。

大変貴重な時間となりました。ご参加いただき誠にありがとうございました。

取組発表1:八戸工業大学第一高等学校「人工衛星打ち上げプロジェクトに取り組んで」
取組発表2:青森県立十和田工業高等学校「宇宙から見えるB-1をつくろうプロジェクト」
取組発表3:八戸工業大学「地域の安全安心のための衛星リモートセンシング技術の活用」
コメンテーター
・JAXA宇宙探査イノベーションハブ 計画マネージャ 川崎 一義 氏
・JAXA宇宙探査イノベーションハブ 研究領域主幹 星野 健  氏
取組発表の様子
取組発表1
八戸工業大学第一高等学校
【発表者】
安部さん、河村さん
【発表タイトル】
「人工衛星打ち上げプロジェクトに取り組んで」
取組発表2
青森県立十和田工業高等学校
【発表者】
川畑さん、山下さん、松田さん
【発表タイトル】
「宇宙から見えるB-1をつくろうプロジェクト」
取組発表3
八戸工業大学
【発表者】
佐々木 崇徳 講師
【発表タイトル】
「地域の安全安心のための衛星リモートセンシング技術の活用」
JAXA宇宙探査イノベーションハブ星野様からのコメントの様子
三八地域ものづくり産業フェア2015 取組発表
20151202三八ものづくり技術大賞審査員

「三八ものづくり技術大賞」表彰式、全体交流会

「三八ものづくり技術大賞」表彰式の様子
  • 講評
    【岡田審査員長】
  • daihyou
    受賞者代表挨拶
    【(有)東奥電気 代表取締役 中野渡様】
  • 受賞者の皆様、誠におめでとうございます。
全体交流会の様子
 「三八ものづくり技術大賞」表彰式終了後、全体交流会を開催いたしました。
 約80名が参加し、フェアに引き続き、新たなネットワークの形成や産学官の交流を深めました。  
 本フェアの開催にあたり、多くの皆様にご協力、ご参加頂きました。誠にありがとうございました。
kouryuu

その他

1.来場者数(受付で確認できた人数) 約280名
2.商談件数等 ※出展企業・団体様アンケート調査の結果より
(1)取引・商談成立件数(見込含)
1件 2件 3~4件 10件
3企業・団体 4企業・団体 1企業・団体 1企業・団体

(2)開発・製造・販売等における提携件数(見込含)
1件 2件
7企業・団体 3企業・団体

(3)商談件数(後日予定している件数含)
1件 2件 3件
3企業・団体 3企業・団体 3企業・団体

後援

八戸工業大学、八戸学院大学、八戸工業高等専門学校、株式会社八戸インテリジェントプラザ、(地独)青森県産業技術センター八戸地域研究所、公益財団法人21あおもり産業総合支援センター、一般社団法人青森県工業会、ひろさき産学官連携フォーラム、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構、東北航空宇宙産業研究会、青森県航空宇宙産業研究会、八戸市、三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村

この記事についてのお問い合わせ

青森県三八地域県民局 地域連携部 地域支援室
電話:0178-27-5111(内線379)  FAX:0178-27-8171

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度