ホーム > 県政情報 > 総務学事(県例規・行政手続・私学・褒章・情報公開・不服審査) > 申請に対する処分に関する審査基準・標準処理期間(青森県三内丸山遺跡センター条例)

更新日付:平成31年4月6日 文化財保護課

申請に対する処分に関する審査基準・標準処理期間(青森県三内丸山遺跡センター条例)

申請に対する処分に関する審査基準・標準処理期間

根拠法令の名称 根拠法令の条項 許認可等の種類 経由機関 処分権者
青森県三内丸山遺跡センター条例 第6条 使用料の免除(観覧料、常設の展示) 三内丸山遺跡センター所長

審査基準

設定:平成31年4月6日
最終改定:

法令に判断基準が具体的、かつ、明確に定められているので、審査基準を設定していない。

根拠条文等

根拠法令

〇青森県三内丸山遺跡センター条例
(使用料の免除)
第6条 知事は、特別の理由があると認めたときは、使用料の全部又は一部を免除することができる。

基準法令

〇青森県三内丸山遺跡センター規則
(使用料の免除)
第10条 所長は、条例別表第一号に掲げる常設の展示の観覧が次の各号のいずれかに該当するときは、条例第6条の規定により、使用料の全部又は一部を免除するものとし、その免除の額は、当該各号に定める額とする。
一 教育課程に基づく学習活動として特別支援学校高等部の生徒が観覧するとき 使用料の全部の額
二 教育課程に基づく学習活動として観覧する小学校、中学校、義務教育学校、中等教育学校前期課程及び特別支援学校の児童、生徒を引率する教職員が観覧するとき 使用料の全部の額
三 児童福祉法(昭和22年法律第164号)による児童福祉施設に入所している少年及び引率する当該施設の職員が観覧するとき 使用料の全部の額
四 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)による身体障害者手帳の交付を受けている者及びその付添人が観覧するとき(免除する付添人は、当該障害者一人につき一人までとする。) 使用料の全部の額
五 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)による精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者、療育手帳の交付を受けている知的障害者及びこれらの付添人が観覧するとき(免除する付添人は、当該障害者一人につき一人までとする。) 使用料の全部の額
六 老人福祉法(昭和38年法律第133号)による老人福祉施設に入所している者及び引率する当該施設の職員が観覧するとき 使用料の全部の額
七 前各号に掲げるもののほか、所長が特に使用料の免除を必要と認めたとき 使用料の全部又は一部の額

関連行政指導事項

標準処理期間

経由機関での期間
処理機関での期間 4日
うち協議機関での期間
4日

※ 期間中の県の休日を含まない。

この記事についてのお問い合わせ

三内丸山遺跡センター
電話:017-781-6078  FAX:017-781-6103

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度