あおもりの川づくり → 土砂災害危険箇所図トップページ

土砂災害危険箇所図について
 
 

 

平成17年11月2日訂正版

 この「土砂災害危険箇所図」は平成17年3月14日から公開していますが、次の町村で記載に誤りがありましたので、訂正いたしました。
  誤りがあった町村は、岩木町、西目屋村、三戸町、南部町、鰺ヶ沢町の一部です。
  県民及び関係者の方々にご迷惑をおかけしたことをお詫びします。

   
 

 

 土砂災害は「土石流」、「地すべり」、「がけ崩れ」の3つに分けられ、それぞれについて被害の恐れがある箇所を「土石流危険渓流」、「地すべり危険箇所」、「急傾斜地崩壊危険箇所」と呼んでいます。
 「土石流危険渓流」、「地すべり危険箇所」、「急傾斜地崩壊危険箇所」のような「土砂災害危険箇所」は、平成17年3月1日現在、県内に4,005箇所存在します。
  土砂災害による被害を未然に防ぐ、あるいは最小限に止めるためには、県民一人一人が日頃から土砂災害に対する意識を持つことが重要です。
  土砂災害危険箇所図は、県民の方々にお住まいになられている地域周辺の「土砂災害危険箇所」を把握していただき、警戒避難体制に役立てていただくことを目的としております。

土砂災害危険箇所図



   
   
 


このページについてのお問い合わせはこちらまで

青森県県土整備部河川砂防課
砂防グループ

電話 017-734-9670(直通) 017-722-1111(代表) 内線4302又は4303
FAX 017-734-8191

メール kasensabo@pref.aomori.lg.jp 


   
あなたはカウンタ人目の訪問者です