ホーム > 私たちの青森県 > 青森県の産業(観光)

更新日付:2012年7月1日

青森県の産業(観光)

観光

グラフ:2010年観光消費額1698億円(内訳:域内交通費13.3%,宿泊費24.8%,買物・土産品費28.8%,その他33.1%)
 本県は、自然豊かな十和田湖や八甲田連峰、世界遺産白神山地を始め、その豊かな自然から生み出される農林水産物、三内丸山遺跡に代表される歴史文化遺跡、四季折々の祭りなど、豊富な観光資源に恵まれています。
 また、平成22年12月4日には東北新幹線が全線開業し、それにより本県へのアクセスが飛躍的に向上したことから、これを最大限に活かし、通年観光をめざして、観光関係者と一体になって取り組んでいます。
2010年12月4日 東北新幹線全線開業
新型高速新幹線車両「E5系量産先行車」(新青森駅:平成22年4月17日)
 県民の皆さんが長年待ち望んできた東北新幹線「八戸・新青森間」が2010年12月4日に開業しました。
 現在、東京・新青森間が最速列車で3時間10分程度で結ばれており、2012年度末には、最高速度320km/hで運転され、東京・新青森間が最速列車で3時間5分程度で結ばれます。
「観光力」の強化による交流人口の拡大
多彩な地域の魅力のひとつ「温泉」を楽しむ人びと
 青森県の持つ美しい自然と歴史、湯治、食、祭りといった魅力的かつ独自性の高い文化など、多彩な地域の魅力の活用による「観光力」の強化により、国内外との交流人口の拡大に取り組んでいます。

グリーン・ツーリズムの取り組み

 グリーン・ツーリズムは農村や漁村を楽しむ旅行です。
 名所や旧跡を見て回る観光旅行とはひと味違うと、年々人気も高まっています。
 青森県には、県外をはじめ国外からも数多くの修学旅行生が訪れ、りんごや野菜の収穫をはじめ、旬の食材を使った郷土料理づくり等を体験しています。
  • 写真:ごぼう堀り
    ごぼう堀り
  • 写真:豆腐づくり
    豆腐づくり
  • 写真:りんご葉取り
    りんご葉取り作業
  • 写真:トマト収穫
    トマト収穫作業
  • 写真:さくらんぼ収穫
    さくらんぼ収穫作業
青森県のグリーン・ツーリズムの現状
 国内からグリーン・ツーリズム体験で訪れる修学旅行生等は、平成13年度の約700人から、平成22年度には約6,200人と大幅に伸びてきています。
 しかし、平成23年度は東日本大震災により、約2,400人までに大幅に落ち込みました。
 このため、県内のグリーン・ツーリズム受入団体ではPR活動に取り組んでおり、平成24年度は、北海道を中心に県内向けの修学旅行の回復が見込まれ、国内外合わせ約4,100人(うち海外約200人)の受入が予定されています。
グラフ::青森県農林漁業体験民宿宿泊者数推移(平成13年度721人、平成22年度6155人、平成23年度2407人、平成24年度4109人見込み)

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

観光企画課
電話:017-734-9385  FAX:017-734-8121

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度