ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > スポーツ健康 > 青森県競技力向上対策本部

更新日付:2017年9月22日 スポーツ健康課

青森県競技力向上対策本部

新着情報

設立趣旨

 国民体育大会は、わが国最大のスポーツの祭典として親しまれ、国民の健康増進と体力向上、スポーツの普及と発展、そして明るく豊かで活力ある地域社会づくりに大きく寄与してきました。
 本県においては、昭和52年に「心ゆたかに 力たくましく」をスローガンに第32回大会「あすなろ国体」を開催し、「県民総参加の国体」を合言葉に、県民一丸となって結集し、大会を成功に導いたことは、本県のスポーツ振興はもとより、その後の県勢の発展にも大きく貢献してきました。
 現在、本県では、県民の豊かなスポーツライフの実現を目指し、年間を通して継続的にスポーツに取り組める環境を充実させるほか、全国大会などで活躍できる選手の育成や指導者の育成などに取り組み、県民の体力づくりやスポーツによる地域活性化を進めております。
 このような中、わが国においては平成32年に東京オリンピック・パラリンピック競技大会、そして本県では平成37年に二度目となる第80回国民体育大会が開催されることとなり、オリンピックをはじめとする国際大会や全国大会における本県選手の活躍は、多くの県民に夢や感動を与えるほか、本県の未来を支える子どもたちのスポーツに対する興味や意欲を高めるなど、本県が目指す「スポーツが盛んな青森県」の実現に繋がるものであります。
 そこで、本県で開催される平成37年第80回国民体育大会において、県民の期待に応え、「開催県としてふさわしい成績」の獲得と、大会終了後も持続可能な本県の競技スポーツの振興を目指し、総合的な競技力向上対策を計画的かつ着実に推進するため、「青森県競技力向上対策本部」を設立します。

基本方針

1 第80回国民体育大会に向けて、開催県としてふさわしい成績の獲得を目指し、県・市町村・各関係団体等の幅広い主体の参画を得て、「推進体制の確立」、「選手等の発掘・育成・強化」、「指導体制の確立」、「諸条件の整備」を柱として総合的かつ計画的に競技力の向上を図ることとする。

2 第80回国民体育大会終了後も、更なる本県スポーツの普及と持続可能な競技スポーツの推進を図るため、長期的かつ継続的な競技力向上の定着に努める。

組織

本部委員会

強化対策委員会

医科学ネットワーク専門委員会

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ健康課・スポーツ振興グループ
電話:017-734-9909  FAX:017-734-8275

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度