ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 観光企画(施設整備・観光情報発信・水族館) > 宿泊産業生産性向上実践塾の参加施設を公募します

更新日付:2018年9月18日 観光企画課

宿泊産業生産性向上実践塾の参加施設を公募します

1 事業目的

 この度県内の宿泊事業者を対象とし、経営戦略、財務状況の把握・分析、生産性・サービス水準の向上策の研究など、宿泊業の経営及び業務の効率化を図る「生産性向上実践塾」を開催し、青森県の宿泊施設における人材の育成と宿泊産業の生産性・サービス水準の向上につなげていく取組を行います。
 つきましては、御参加を希望される場合は、下記4の応募申請書を作成の上、9月28日(金)までにFAX又はメールにてお申込みくださいますようお願い申し上げます。
 なお、応募者多数の場合は、選考の上書面にて合否の御連絡をいたします。

開催案内はこちらPDFファイル[159KB]をご確認ください。

2 事業内容

1 青森県内の宿泊施設のうち旅館・ホテルからそれぞれ1施設(「以下、モデル施設」という)を選定します。
2 モデル施設の経営層を対象に、次の事前ヒアリングを実施します。
<ヒアリング内容>
(1)B/S、P/L、キャッシュフロー計算書(バランスシート、損益計算書)
(2)現状の課題(集客、単価、稼働率、原価、人件費、採用と定着 など)
(3)施設が目指す理想形(経営者のビジョン)
(4)活用するICTの決定 など
3 事前ヒアリングをベースに、コンサルタントを交え、全3回のワークショップ(実践塾)を実施します。
4 全3回の取組の中には、ICTを活用した生産性・サービス水準向上の実証実験を含みます。
なお、導入するICTのコストについてはモデル施設の負担とします。導入・活用するICTについては、
担当コンサルタントと相談の上、モデル施設ごとに決定します。
5 本事業を通した成果として、労働生産性やサービス水準の向上度、顧客満足度の上昇などを定量的に
測定し、その効果を測るものとします。

3 事業スケジュール(予定)

9月28日(金) 申込締切
10月上旬 モデル施設決定
10月下旬 事前ヒアリング
(日程は別途調整します)
11月中旬 第1回実践塾開催
(事前ヒアリングをもとに現状の「強み」・「弱み」の共有、ターゲット設定、課題と打ち手の明確化、ICTの活用)
12月中旬 第2回実践塾開催
(取組みの進捗確認、ICT活用による効果測定、状況に応じた修正対応)
 1月下旬 第3回実践塾開催
(成果確認と今後の持続的な取組の検討、ICTの活用による成果(労働時間の削減・各種コストの削減 など))

4 お申込み方法

応募申請書を作成し、FAXまたはメールで以下の宛先まで送付してください。
・応募申請書(wordファイルワードファイル[19KB])(pdfファイルPDFファイル[197KB]
(業務受託先)
株式会社リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンター
電話:03-6835-6255
メール:miki_yamauchi@r.recruit.co.jp
FAX:03-6834-8628

5 お問い合わせ先

(県庁担当課)
〒030-8570 青森市長島1-1-1
青森県観光国際戦略局観光企画課 企画戦略グループ
TEL:017-734-9385 FAX:017-734-8121
E-mail:kanko@pref.aomori.lg.jp
(業務受託先)
株式会社リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンター
電話:03-6835-6255
メール:miki_yamauchi@r.recruit.co.jp
FAX:03-6834-8628

この記事についてのお問い合わせ

観光企画課 企画戦略グループ
電話:017-734-9385  FAX:017-734-8121

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度