ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 観光企画(施設整備・観光情報発信・水族館) > 第2弾!「マタギと歩く冬の白神山地かんじきトレッキング」 ~モニターツアー参加者募集~【受付は終了しました】

更新日付:2014年2月7日 中南地域県民局地域連携部

第2弾!「マタギと歩く冬の白神山地かんじきトレッキング」 ~モニターツアー参加者募集~【受付は終了しました】

第2弾!「マタギと歩く冬の白神山地かんじきトレッキング」~モニターツアー参加者募集のお知らせ~

 白神山地世界遺産登録20周年を記念して、中南地域県民局の企画により冬の白神山地を体験するモニターツアーを行います。
 今回は、好評であった昨年12月実施のモニターツアーを更にブラッシュアップして実施します。

 先人達の知恵が生み出した「かんじき」を履き、マタギと共に冬のブナ林を散策します。
 静寂したブナ林において、動物たちの足跡からそこに息づく生命を感じるなど、この時期にしかない白神山地を体験することができます。
 夕食は、前回大好評であったマタギの話を聞きながら白神の食をいただきます。

 また、2日目は白神山地の玄関口である弘前市において、りんごの枝切り体験や切った枝を使って焼きりんごを作るなど、食にスポットを当てたコースとなっています。

【前回参加者の声】
 ○かんじきが一番楽しみだったので、実際に履けてテンションが上がった。景色も良かった。
 ○マタギの方のお話が心に響きました。
 ○野菜中心の料理でうれしかった。

お申込、お問合せは下記までお願いします。 

開催日: 2月15日(土)~2月16日(日)
行程:
【1日目】
 弘前駅=Beechにしめや(昼食)=ブナの里白神館=白神山地ビジターセンター=冬の白神かんじきトレッキング=乳穂ヶ滝=ブナの里白神館(泊)
【2日目】
 ブナの里白神館=津軽ゆめりんごファーム=農家レストラン「ル・カルフール」(昼食)=岩木山神社=弘前駅(解散)

参加料: お一人様 6,800円
募集人員: 15名
お申込・お問合せ先: たびすけ合同会社 (電話:0172-55-0268)(E-mail:info@tabisuke-hirosaki.jp)
ちらし: PDFファイル 2,963KB PDFファイル 987KB

この記事についてのお問い合わせ

中南地域県民局地域連携部地域支援室
電話:0172-32-2407  FAX:0172-32-2451

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度