ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 観光企画(施設整備・観光情報発信・水族館) > 下北を一周する2泊3日モデルコース

更新日付:2008年9月12日 下北地域県民局地域連携部

下北を一周する2泊3日モデルコース

各リンクをクリックすると詳細に飛びます。


下北半島周遊『夏』2泊3日モデルコース

下北半島の夏は、祭あり、フィッシングありと、グループで訪れてもそれぞれが楽しめるポイントがたくさん。
そのうえ、おいしいものも味わえて大満足な季節。
家族連れや、気の合う仲間たちと大勢で楽しむ、ちょっぴりアウトドア気分なドライブコースをご紹介。
1日目
市町村 観光地・施設/キロ数 食事/宿泊
横浜町 食事可能
 
↓  28km 車で約42分
 
むつ市  
 
↓  20km 車で約30分
 
むつ市大畑  
 
↓  0km
 
むつ市大畑  
 
↓  3km 車で約5分
 
むつ市大畑 宿泊施設

2日目
市町村 観光地・施設/キロ数 食事/宿泊
むつ市大畑 宿泊施設
 
↓  38km 車で約57分
 
大間町 宿泊施設
 
↓  2.5km 車で約5分
 
大間町 食事可能
 
↓  14km 車で約21分
 
佐井村
むつ市脇野沢
食事可能
 
 
↓  53.5km 車で約80分
 
むつ市脇野沢  
 
↓  4km 車で約6分
 
むつ市脇野沢  
 
↓  46km 車で約70分
 
むつ市 宿泊施設

3日目
市町村 観光地・施設/キロ数 食事/宿泊
むつ市 宿泊施設
 
↓  5km 車で約8分
 
むつ市  
 
↓  20km 車で約30分
 
東通村  
 
↓  22km 車で約33分
 
横浜町 食事可能



トラベルプラザサンシャイン
1.トラベルプラザサンシャイン
新鮮な海の幸や特産品、土産物が揃う。併設の食堂では、横浜町ならではの菜の花ギョウザやホタテギョウザが味わえる。ソバ作りなど体験メニューもあります。
→感じよう!しもきた
●営業時間/8:00(レストランは11:00)~18:00、冬は8:00~17:00。
●定休日/無休
●問合せ/0175-78-2080
●アクセス/陸奥横浜駅より車で10分(地図
釜臥山展望台
2.釜臥山展望台
下北半島の最高峰・釜臥山。展望台からの眺めは最高で、恐山の宇曽利山湖や北海道までもが見渡せる。夜景も美しく、市街地の灯りが羽根を広げたアゲハチョウのように浮かび上がり、日本夜景遺産にも選定された。恐山側より「かまふせパノラマライン」を利用しよう。
●開館時間/8:30~21:30(無料)
●開館日/5月1日~11月3日(予定)
●問合せ/むつ市商工観光課 0175-22-1111
●アクセス/JR下北駅より車で約40分(地図
薬研渓流遊歩道
3.薬研渓流遊歩道
薬研渓谷沿いに続く遊歩道は一周すると約6キロ、2時間ほどの距離で、川のせせらぎを聞きながら森林の中を歩くことができる。途中、樹齢600年の栗の木や、ヒバ、ブナなどの実験林、昔使われていた森林軌道の名残も見られる。
●問合せ/大畑庁舎産業振興課 0175-34-2111
●アクセス/大畑庁舎より車で約20分・奥薬研修景公園レストハウスよりすぐ(地図
奥薬研温泉
4.奥薬研温泉
恐山から大畑方面へしばらく進むと、温泉宿が建ち並ぶ薬研温泉がある。さらに大畑川を遡った奥薬研温泉には、露天、混浴の「かっぱの湯」と、石積みの野趣あふれる露天風呂「夫婦かっぱの湯」がある。平成19年に「足湯」が新設された。
●営業時間/「夫婦かっぱの湯(奥薬研修景公園内)」8:30~18:00(季節で変動あり)
●定休日/1月~3月までは火曜定休
●問合せ/奥薬研修景公園レストハウス 0175-34-2008
●アクセス/JR下北駅下車下北交通バス佐井行きで45分・大畑駅下車タクシーで15分~20分(地図
国設薬研野営場
5.国設薬研野営場
薬研渓谷の遊歩道が通る野営場は7.2ヘクタールの広々としたキャンプ場。自然豊かな薬研らしく、時折ニホンカモシカが顔を出すこともあるとか。渓流釣りや山菜採りも楽しめる。施設も整い、アウトドアが気軽に楽しめる。
●開設期間/4月下旬~11月上旬
●問合せ/0175-34-3175
●アクセス/薬研温泉郷より徒歩5分・大畑地区より車で20分(地図
おおま温泉海峡保養センター
6.おおま温泉海峡保養センター
本州最北端の温泉で、サウナ風呂もある。効能も数多く、湯治客にも人気があるが、日帰り入浴も可能なので、旅の疲れを癒しに立ち寄りたい。宿泊や宴会では、やはり新鮮な海の幸が評判だ。

●入浴時間/9:00~21:00
●問合せ/0175-37-4334
●アクセス/大間崎より車で約10分(地図
ブルーマリンフェスティバル
7.ブルーマリンフェスティバル、超マグロ祭
8月に行われる「ブルーマリンフェスティバル」は、舟競争大会、マグロの解体ショー、歌謡ショーなどが行われる。普段は高級魚として築地に直送される最高級の大間のマグロを試食できるのも魅力のひとつ。10月に行われる「超マグロ祭」は、早朝からはじまり、マグロ漁のウォッチングをしたり、間近で水揚げされるマグロの迫力に触れたりできる。マグロの解体ショーと即売会も行われるほか、海鮮バーベキューコーナーも人気。

「ブルーマリンフェスティバル」
●開催期間/8月14日
●問合せ/大間町産業振興課 0175-37-2111
●アクセス/大間港、大間崎より車で約5分(地図
「超マグロ祭」
●開催期間/10月下旬
●問合せ/大間町商工会 0175-37-2233
●アクセス/大間港、大間崎より車で約5分(地図
津軽海峡文化館アルサス
8.津軽海峡文化館アルサス
観光船や下北汽船の発着場のすぐ前にある、佐井の情報発信スペース。1階には観光案内所や特産品展示販売コーナー、歴史・文化・観光などをビデオで紹介するPR広場などがある。2階は佐井村海峡ミュウジアムや食事処、3階には展望室がある。周辺には、食事処、菓子店、コンビニなどがあり、旅の憩いの場として利用されている。
●定休日/無休
●問合せ/0175-38-4513
●アクセス/佐井港よりすぐ・むつバスターミナルより下北交通佐井行き120分、大佐井下車徒歩1分(地図

9.海峡ライン

佐井村から脇野沢村に繋がる海峡ラインは、仏ヶ浦や願掛岩など山と海、自然の見所がいっぱい。北の海の色合いを思う存分堪能できます。
野猿公苑
10.野猿公苑
野猿公苑には、昭和45年に天然記念物に指定された北限のニホンザルが約50匹飼育されている。春には生まれたばかりのかわいい赤ちゃん猿を見ることが出来る。

●問合せ/七引園地(野猿公苑・山村広場・バンガロー) バンガロー問合せ 0175-44-3252
●アクセス/リフレッシュセンター鱈の里より徒歩1分(地図
海づり公園
11.海づり公園
海釣り公園は海水浴場の一角に設置されていて、家族みんなで楽しめるレジャースポット。ここでは黒ソイが釣れ、釣った魚はレストハウスで調理してくれるので、刺身や焼魚、あら煮など、最高に新鮮な海の幸が味わえる。
●開園時間/9:00~16:30(5、6、7、9月/土、日、祝のみ営業・8月/毎週火曜日を除く日の営業)
●問合せ/0175-44-2111
●アクセス/脇野沢港より徒歩15分(地図
早掛レイクサイドヒルキャンプ場
12.早掛レイクサイドヒルキャンプ場
早掛沼のほとりに広がる市民の憩いの場で、春には400本の桜が咲く花見の名所。珍しい緑色の桜「御衣黄(ぎょいこう)」や500株のチューリップも見事だ。キャンプ場は生活用具一式が揃っているケビンハウス、電源設備の整ったオートキャンプサイトなどが揃ったキャンプ施設。日帰りの利用も可能。
●利用時間/受付9:00~19:00・日帰り9:00~17:00、ケビンハウス14:00~翌10:00・キャンプサイト14:00~翌12:00(4月28日~10月31日)
●問合せ/0175-23-8686
●アクセス/JR下北駅より車で約12分(地図
ミルク工房ボン・サーブ
13.ミルク工房ボン・サーブ
豊かな自然に恵まれた牧場直送の味。濃厚でコクのある牛乳のほか、ソフトクリーム、飲むヨーグルト、アイスクリームも人気。クール便を利用しての全国発送も可能です。

●営業時間/10:00~18:00 
●定休日/4月~12月無休(ただし年末年始を除く)、1月~3月毎週火曜定休日
●問合せ/0175-28-2888
●アクセス/JR下北駅より車で10分(地図
トントゥビレッジ
14.トントゥビレッジ
「トントゥ」とは、フィンランド語で「森の妖精」を意味し、妖精たちとともに、自然やエネルギーについて学ぶことができる施設。遊び場やビオトープがあり、子供たちにも人気。

●開館時間/9:30~16:30
●休館日/毎月最終月曜日・年末年始
●問合せ/0175-48-2777
●アクセス/下北交通バスむつバスターミナルより約56分(地図
菜の花プラザ
15.菜の花プラザ
横浜町の豊潤な大地や海の幸など、特産品を取り揃えた道の駅よこはま「菜の花プラザ」。菜の花を使った食品や長芋などの大地の恵みや、海鮮物も人気がある。レストラン鮮菜では格安でホタテ焼きや横浜なまこなどを賞味することができる。
●営業時間/8:00(レストランは11:00)~18:00(4月~10月)、9:00~18:00(11月~3月)
●定休日/1月~3月のみ火曜日・年末年始
●問合せ/0175-78-6687
●アクセス/JR陸奥横浜駅より車で約2分(地図


下北半島周遊『秋』2泊3日モデルコース

秋の下北半島は、落葉樹の紅葉に彩られた華やかな季節。
過ぎ行く季節を惜しみながら、夫婦で、友達とマイペースで楽しむ、おもしろ体験いっぱいの旅路。
きらきらみちのく下北号で、車窓からの景色を満喫しながら大湊に到着したら、レンタカーでいざ出発!
1日目
市町村 観光地・施設/キロ数 食事/宿泊
むつ市
食事可能
 
↓  25km 車で約30分
 
東通村  
 
↓  20km 車で約25分
 
東通村  
 
↓  13km 車で約20分
 
東通村 食事可能
 
↓  35km 車で約55分
 
風間浦村  
 
↓  徒歩5分
 
風間浦村 宿泊施設

2日目
市町村 観光地・施設/キロ数 食事/宿泊
風間浦村 宿泊施設
 
↓  20km  車で約25分
 
大間町  
 
↓  37km  車で約55分
 
佐井村  
 
↓  15km  車で約25分
 
むつ市川内 食事可能
 
↓  10km  車で約15分
 
むつ市川内  
 
↓  5km  車で約8分
 
むつ市川内 宿泊施設

3日目
市町村 観光地・施設/キロ数 項目
むつ市川内 宿泊施設
 
↓  8km  車で約10分
 
むつ市川内  
 
↓  5km  車で約8分
 
むつ市川内 食事可能
 
↓  27km  車で約40分
 
むつ市  



むつ来さまい館
1.むつ来さまい館、まさかりプラザ
観光とイベントの情報を発信する総合施設「むつ来さまい館」。1階はインフォメーションと色々なイベント催事出来るスペースがあり、2階には下北地域を紹介する展示ゾーンがあります。また斜向いの「まさかりプラザ」は土産品や特産品が購入できるほか、レストランでは、大畑や風間浦のイカや、むつのホタテなど、下北半島各地区の旬の味を楽しめます。

「むつ来さまい館」
●開館時間/9:00~21:00
●休館日/1月1日
●問合せ/0175-33-8191
●アクセス/JR下北駅より車で約7分(地図

「まさかりプラザ」
●開館時間/9:00~21:00、売店9:00~18:00(夏季)・10:00~17:00(冬季)、レストラン10:00~16:00(夏季)・11:00~15:00(冬季)
●休館日/1月1日 ※売店及びレストランは年末年始・火曜(祝日の場合は翌々日・5月~10月無休)
●問合せ/0175-22-0909
●アクセス/JR下北駅より車で約7分(地図
ヒバ埋没林
2.ヒバ埋没林
かつて下北は、ヒバの大森林地帯でした。2500年ほども昔から、太平洋岸に大量の砂が吹き上げられて、多くのヒバが立ち枯れたまま埋まりました。現在、見ることができる猿ヶ森埋没林は、1000年くらい前のものです。
●アクセス/下北交通バス泊線猿ヶ森停留所下車徒歩10分(地図
尻屋崎灯台
3.尻屋崎灯台
昔から難破岬と呼ばれている尻屋崎は本州最北東端に位置し、明治9年から船舶の安全を見守りながら海を照らし続けている。レンガ造りの灯台としては日本一の高さを誇り、イギリス人が起工した東北最古の洋式灯台としても知られる。
●尻屋崎開放時間/8:00~16:00(4月1日~4月30日)、7:00~17:00(5月1日~11月30日)、それ以外はゲート閉鎖
●冬季閉鎖/12月1日~3月31日
●問合せ/0175-27-2111
●アクセス/むつ市より車で約36分・むつバスターミナルより下北交通バス尻屋行きで約60分(地図
野牛川レストハウス
4.野牛川レストハウス
尻屋崎へ向かう道沿いにあるレストハウスは野牛沼のほとりにあり、特産品の東通牛やブルーベリーのソフトクリームが購入できる。ヒバの香り漂う室内には展望棟、ビデオシアター、休憩室などがあり、ドライブの疲れを癒してくれる。
●営業時間/9:00~16:30
●休館日/毎週火曜日(火曜日が祝祭日の場合は翌日)
●問合せ/0175-28-5203
●アクセス/むつ市より車で約30分(地図
活イカ備蓄センター
5.活イカ備蓄センター
風呂温泉郷近くの活イカ備蓄センターでは、7月~10月の間、20mの水槽で泳ぐイカの順位を競う「元祖烏賊様レースR」が開催されている。イカのオーナーになってレースに勝つか、予想が的中すると、村の特産品がもらえる。出走イカはその場で刺身で食べられることができる。また、持ち帰りも可能。
●開催期間/7月中旬~10月下旬の毎週金・土曜日、7月25日~8月20日は毎日
●開催時間/17:00出走(オーナー6名が揃うと開始)
●予約/予約で9:00~16:30まで対応可能
●問合せ/0175-36-2353
●アクセス/下風呂温泉郷より徒歩5分(地図
下風呂温泉郷
6.下風呂温泉郷
津軽海峡を望む下風呂温泉郷は550年前の地図に湯本と記され古の時代より湯治場として栄えた。井上靖など文学者も多く泊まった由緒ある温泉郷。気軽に入れる公衆浴場の「大湯」「新湯」のほかにも多くの宿がある。季節を感じ、海の幸を堪能できる温泉郷。

「大湯」
●営業時間/7:00~21:00
●定休日/月曜日
●問合せ/0175-36-2824
●アクセス/下北駅より車で約50分・むつバスターミナルより下北交通バス佐井行きで65分、バス停下風呂下車(地図

「新湯」
●営業時間/7:00~21:00
●定休日/火曜日
●問合せ/0175-36-2860
●アクセス/下北駅より車で約50分・むつバスターミナルより下北交通バス佐井行きで65分、バス停下風呂下車(地図
大間崎
7.大間崎
大間町の先端、北緯41度33分、東経140度58分の場所には「こゝ本州最北端の地」の碑がそびえ立っている。大間崎と北海道の函館市汐首岬は17.5Kmしか離れておらず、弁天島の向こうには渡島連峰をのぞむことができる。
●アクセス/むつ市内より車で約60分・むつバスターミナルより下北交通バス佐井行きで98分、バス停大間崎下車(地図
仏ヶ浦
8.仏ヶ浦
白緑色の凝灰岩が約2Kmにわたって連なる岩の数々。長い年月をかけて風雨に洗われてできた自然美は、実際に目にするとそのスケールに圧倒される。如来の首、五百羅漢、一つ岩、観音岩、極楽浜など、仏にちなんだ名前がそれぞれつけられ、夏は穏やかに、冬は厳しくたたずんで、極楽浄土を思わせる。観光遊覧船から臨む仏ヶ浦は壮大で、思わず息を呑んでしまうほど。
●アクセス/佐井村役場より車で約35分(国道338号沿いの駐車場に車を停めて遊歩道を利用)・佐井港まで徒歩約2分(地図
道の駅「かわうち湖」レイクサイドパーク
9.道の駅「かわうち湖」レイクサイドパーク
かわうち湖レイクサイドパーク内に建てられた、ヒバ材を使ったログハウス風のレイクサイドには、特産品の販売コーナーや軽食、休憩コーナーなどがある。ヒバの葉と薬草をブレンドした「ひばっ子そば」、名物の「けいらん」、「ヒバソフトクリーム」などが味わえる。
●営業時間/9:00~16:00(土・日・祝~17:00)、軽食コーナー11:00~15:30(土・日・祝~16:30)
●定休日/火曜日
●問合せ/0175-38-5108
●アクセス/川内庁舎より車で約30分(地図
川内川渓谷遊歩道
10.川内川渓谷遊歩道
川内川に沿い、4.4Kmにわたって整備されている遊歩道には、あじさい橋(吊橋)、セキレイ橋(ローゼ橋)、あすなろ橋(斜張橋)が架かっている。途中、大滝や八ッ橋などの展望ポイントがあり、ゆっくりとマイペースで楽しめそうな遊歩道だ。
●アクセス/川内庁舎より車で約12分、JR大湊駅よりJRバス川内・脇野沢線で40分川内町下車・川内交通湯野川行きに乗換え16分バス停せせらぎ荘下車徒歩5分(地図
湯野川温泉
11.湯野川温泉
湯野川渓流沿いに古くからある、静かな温泉郷。水上勉原作の映画「飢餓海峡」のロケ地。「濃々園」の湯は内臓疾患や神経痛に効能があり、特産のヒバの香り漂う浴室でゆったり湯につかると、心身ともにリラックスできる。
●営業時間/9:00~19:00
●定休日/火曜日
●問合せ/0175-42-5136
●アクセス/川内庁舎より車で約20分、川内交通湯野川行き30分終点下車「湯野川温泉 濃々園」(地図
むつ市陶芸センター
12.むつ市陶芸センター
川内産の陶土を赤松で焼き上げる、素朴な風合いが魅力の宇賀焼は、川内の特産品のひとつ。陶芸センターでは販売のほか、予約者には陶芸教室も開いており、オリジナルの湯飲みやマグカップ作りなどを体験することができる。
●開館時間/9:00~16:00
●休館日/土・日・祝日(予約の場合は休館日でも可)
●問合せ/0175-42-2115
●アクセス/川内庁舎より車で約10分(地図
ふるさと薬膳「あっちゃのまま」
13.ふるさと薬膳「あっちゃのまま」
休憩や簡易宿泊もできる市営の温泉施設内にある「あっちゃ(お母さん)のまま(ごはん)」は、安全でおいしい地元の食材を使った薬膳料理を提供している。

●温泉営業時間/9:00~20:00
●あっちゃのまま営業時間/11:00~16:00(季節により変更)
●定休日/月曜日(季節により変更)
●問合せ/0175-42-5255
●アクセス/川内庁舎より車で約15分(地図
北洋館
14.北洋館
海上自衛隊大湊地方隊総監部内にある石造りの洋館「北洋館」は、大正5年(1916年)に海軍士官の社交場として建てられたもので、現在は旧海軍・自衛隊の貴重な資料約800点を展示している。また、護衛艦が大湊湾に係留中には船内の見学も可能(ガイド役の隊員が同行)。
●開館時間/9:00~16:00(休日は15:00まで・無休)
●問合せ/海上自衛隊大湊地方隊総監部総務課広報係 0175-24-1640
●アクセス/JR大湊駅より車で約10分(地図


この記事についてのお問い合わせ

下北地域県民局地域連携部地域支援室
電話:0175-22-1195  FAX:0175-22-1176

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度