ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 観光企画(施設整備・観光情報発信・水族館) > ごっくん!しもきた

更新日付:2008年8月6日 下北地域県民局地域連携部

ごっくん!しもきた

海の幸をぺろり!

いくら
イクラ(Ikura)[salmon roe]
ほろほろ感がたまらない!

光り輝く大粒のイクラを遠慮なく口に放り込む。ほろほろとほどけるような感触は、とれたてが味わえる下北ならでは。ご飯が見えないぐらいイクラがたっぷりのったイクラ丼を、豪快に味わってください。
大間のマグロ・活イカ
大間のマグロ(maguro)[tuna]
荒波が育んだ見事な霜降り

マグロ好きなら一度は食べてみたい大間のマグロ。荒々しい北の海にもまれただけあり、身の締まりと脂ののりは絶品。プロの料理人も珍重する最高級の味と出会いに期待。
活イカ(Katsuika)[cuttlefish]

かむほどに甘みが広がる

とれたてのイカは刺身にすると身が透き通っていて、かめばかむほど甘みが増す。津軽海峡の真イカは、鮮度、味、歯ざわりの三拍子が揃い、ご飯のおかず、酒の肴にもよし。
活ホタテ
活ホタテ(Hotate)[scallop]
大粒肉厚、食べ応え満点

陸奥湾のホタテは大粒で肉厚と評判。一方、外海に地まきされたホタテは付着物が少ないきれいな貝殻で貝柱の歯触りがよい。まずは生で、ぎゅっと詰まったおいしさを堪能。刺身で満足したら、炭火で焼いたホタテもぜひ。軽く火を通すと、甘みはさらに増してくる。
ウニ
ウニ(Uni)[sea urchin]
甘くてとろ~り贅沢気分

粒が立っているのは新鮮な証拠。大きめのウニを、惜しげもなく盛り付けたウニ丼。口に入れたとたん、とろりととけて、潮の香りと甘さにうっとり。春から夏が旬の時期。


郷土料理で心あったか

ミソ貝焼き
ミソ貝焼き(Miso kayagi)[grilled scallop]
貝の器で海の幸をグツグツ

大きなホタテの貝殻に、溶かした味噌とホタテやウニ、豆腐、長ネギなどを入れてグツグツ煮込み、卵でとじる。熱いところをふぅふぅ言いながら食べるのがいい。お店によって具や味付けに特徴あり。
じゃっぱ汁
じゃっぱ汁(jappajiru)[codfish soup]
タラを丸ごと使う鍋料理

タラの中骨、内臓、頭などを残さず使うじゃっぱ汁は、下北の冬の定番。旬のタラの味わいと、味噌や酒粕仕立ての濃厚な汁は、相性ばっちり。厳しい寒さで冷えきった体も芯から温まる。
いのしし料理
いのしし料理(Inoshishi Ryori)[Dishes of wild boars]
やわらかで上質な味わい

赤身はやわらかな歯ごたえで、その周りの脂肪は旨味があるのにくどくない。ぼたん鍋、ステーキなどのほか、フィレを使った寿司もおすすめ。肉質が締まる冬期間(11月~3月)限定の味。
けいらん
けいらん(Keiran)[soup with rice cakes]
だし汁とあんが絶妙な味

古くから、お祝いごとにつくられ、食べられてきた「けいらん」はその名の通り鶏の卵「鶏卵」の形をした餅。中に甘いこしあんの入った餅を蒸し、冷たい醤油ベースのダシを張った椀に入れて食べるスタイルが、何ともミスマッチながらはまるおいしさ。
ひがしどおり和牛
ひがしどおり和牛(Higashidooriwagyu)[beef produced in Higashidoori village]
ステーキで味わう絶品の妙味

津軽海峡を望む牧場で育まれたひがしどおり和牛は、霜降りたっぷりのジューシーな肉質。焼肉はもちろん、ステーキやしゃぶしゃぶで、めしあがれ。
地酒
地酒(Jizake)[Shimokita spirits]
郷土の味を地酒とともに

心もお腹も満たしてくれる、下北の郷土料理。地酒とともに味わえば、満足感はさらに増す。杯を重ねるごとに、土地の豊かさ、人のぬくもりをしみじみ実感。各地域にちなんだネーミングの酒が揃っているが、なかでも新酒の季節にしか手に入らない限定品「まさかり」は、ぜひ味わってみたいもの。

この記事についてのお問い合わせ

下北地域県民局地域連携部地域支援室
電話:0175-22-1195  FAX:0175-22-1176

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度