ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 観光企画(施設整備・観光情報発信・水族館) > あおもりツーリズム創発塾の参加者を募集します!(弘前大学)

更新日付:2017年07月05日 観光企画課

あおもりツーリズム創発塾の参加者を募集します!(弘前大学)

県では、地域課題の解決と観光人財の育成を目的として、青森中央学院大学、弘前大学、八戸学院大学に委託し、公開講座「あおもりツーリズム創発塾」を開催しています。

このうち弘前大学では、「国指定名勝 瑞楽園(弘前市)を活用したインバウンドを含めた新たな観光ニーズへの対応」をテーマとして、下記のとおりフィールドワーク及び公開講座を開催することとしており、その参加者を募集しています。
(観光に関心がある方であれば、どなたでも参加可能です。)

参加費は無料です。ぜひご参加下さい。
※申込は各回毎となります。1回だけの参加も可能です。

メインフィールド:国指定名勝 瑞楽園(弘前市宮舘字宮舘沢26-2)このリンクは別ウィンドウで開きます

りんご畑のなかにゆったりと佇む津軽指折りの豪農・對馬家の邸宅。手入れされた大石武学流庭園を、時を忘れてのんびり眺めることが出来ます。

第1回 まちあるきワークショップ:瑞楽園むらあるき

周辺の農家集落を歩き、まちあるきの手法でむらあるきができるか、WS でふりかえります。

日時:2017年7月15日(土)14~17時

集合:弘前大学正門 13時 15 分(送迎バス) 又は瑞楽園現地 13時 45 分

内容:
 「まちあるき」の手法をいかすための講義と、実際に現場をあるいてのフィールドワーク、そこでの知見を参加者同士で分かち合うワークショップを行います。
◯14-16 時 講義とフィールドワーク
◯16-17 時 ふりかえりワークショップ

申込締切日:2017年7月7日(金)17時

第2回 食文化体験WS:瑞楽園とあかつきの会の出会い

インバウンド等でもニーズの高い、ゆかしき風情のなかでゆったり津軽のおばんざいを愉しむ体験を検証してみます。

日時:2017年8月26日(土)12~14時

集合:弘前大学正門11時15分(送迎バス) 又は 瑞楽園現地11時45分

内容:
 地域の食文化を観光に活かすためのポイントを聞く講義と、実際に食文化を体験し、そこでの知見を参加者どうしで分かち合うワークショップを行います。
◯12-13時 講義と食文化体験
◯13-14時 ふりかえりワークショップ

申込締切日:2017年8月17日(木)17時

第3回 ソウルフード津軽シンポジウム

むらあるきと食文化体験WSを踏まえたワークショップ形式のシンポジウムを開催します。

日時:2017年10月1日(日)14-16時

集合:弘前大学正門13時(送迎バス) 又は 瑞楽園現地13時45分

内容:講演 演者未定

申込締切日:未定 ※詳細が決まり次第改めて募集します。

【備考】
・参加費無料
・申込、参加は各回毎にお願いします。
・自家用車ご利用の際は瑞楽園駐車場をご利用いただけます。
・弘前大学正門発着の送迎バスをご利用の際は申込みの際、併せてご連絡ください。

【申込・照会】
 各回締切日までに、参加者氏名・人数・集合場所(送迎バス利用の有無)を添えて下記担当までお申し込みください。

【担当】
弘前大学大学院地域社会研究科 武田
jm2112@hirosaki-u.ac.jp
0172-39-3960

この記事についてのお問い合わせ

観光企画課 まるごとあおもり情報発信グループ
電話:017-734-9389  FAX:017-734-8121

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度