ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 観光企画(施設整備・観光情報発信・水族館) > この時期だけ!上北の冬の味覚「横浜なまこ」と「三沢ほっき丼」を紹介します。

更新日付:2015年12月28日 上北地域県民局地域連携部

この時期だけ!上北の冬の味覚「横浜なまこ」と「三沢ほっき丼」を紹介します。

  • 横浜なまこ
    横浜なまこ
  • 三沢ほっき貝
    ほっき貝1
  • 三沢ほっき貝
    ほっき貝2

 この時期、当地域の冬の味覚代表と言えるのが 「なまこ」「ほっき貝」 です。
 
 青森県では、「なまこ」はお正月料理に欠かせない逸品として親しまれており、陸奥湾沿岸で広く獲れますが、その中でも特に横浜町の「なまこ」は食味が高く人気があります。
 そこで、横浜町では横浜町産なまこのブランド化を目指し、今年8月に 「横浜なまこ」として地域団体商標登録を取得しました。
 町では、資源保護の観点からなまこ漁を年末の数日間に限っており、今年も12月23日~25日までの3日間のみ漁が行われました。
 貴重な 「横浜なまこ」 、見かけたら是非ご賞味下さい。

 「横浜なまこ」とあわせてお薦めしたいのが、 「ほっき貝」 です。
 おいらせ町から三沢市にかけては県内有数のほっき貝漁の盛んな地域です。この地域で獲れるほっき貝は甘みと歯ごたえがあり、身が大きく食べ応えがあるのが特長です。
 そこで、三沢市では旨みたっぷりの三沢産ほっき貝をより多くの方に味わっていただこうと、市内の飲食店と協力し 「三沢ほっき丼」 として提供し、PRしています。
 今年は三沢市内の飲食店30店舗が参加し、店舗毎に趣向を凝らした様々なほっき丼を提供しています。お店によって味付けや調理法は様々。
 三沢のほっき貝も12月~3月までしか獲れず、 「三沢ほっき丼」 の提供もこの時期だけ。
 季節限定の 「三沢ほっき丼」 、ぜひ食べ比べに出掛けてみてはいかがでしょうか?
 三沢市では 「三沢ほっき丼」 の提供店を掲載したマップを作成していますので、ご活用下さい!

この記事についてのお問い合わせ

上北地域県民局地域連携部 地域支援室
電話:0176-22-8111(内371)  FAX:0176-22-8198

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度