ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 観光企画(施設整備・観光情報発信・水族館) > 「太宰への伝言~」ショートムービーのシナリオを募集中!

更新日付:2016年10月7日 西北地域県民局地域連携部

「太宰への伝言~」ショートムービーのシナリオを募集中!

シナリオ募集チラシ

太宰治のふるさと五所川原市金木町のNPO法人かなぎ元気倶楽部では、「太宰治への伝言」~斜陽館と金木の町を舞台にした
家族・絆の物語~をテーマにシナリオの募集を行っています

募集要領は、次のとおりです

○応募規定
1 「太宰治への伝言」~斜陽館と金木の町を舞台にした家族・絆の物語~をテーマとするショートムービー用のオリジナルの
 シナリオを募集します
2 完成尺は5分以内を想定した未発表の映像用シナリオに限ります
3 著作権・上映権・出版権等が応募者本人にある、日本語によるシナリオとします
4 2017年9月に青森県五所川原市金木地区において撮影ができる方

○選考と映像化
1 応募の中から、選考により最大3作品を採択します
2 採択されたシナリオを撮影し映像化する場合の経費は、上限30万円を事務局が負担します
3 撮影や編集については、千村利光監督(予定)がサポートするとともに、NPO法人かなぎ元気倶楽部が、作品づくりから公開までを
 プロデュースします
 ※サポート内容は応募者の希望と作品内容を加味して調整します

○選考委員(「太宰治への伝言」映像企画選考会(仮称))
 千村利光 映画監督(2014年兵庫県高砂市「高砂しあわせ映画祭」グランプリ受賞作「けの汁」)
 湊谷恭史 映画プロデューサー(2011年「デンデラ」、2012年「私の叔父さん」、2013年「100回泣くこと」)
 川島大史 つがる市フィルムコミッション事務局長
 [顧問] 斎藤 三千政 弘前ペンクラブ会長

○応募方法及び著作権・使用権については、添付のシナリオ応募チラシを御覧ください

○スケジュール
 2016年12月31日 締切
 2017年2月 選考と発表、 9月 撮影、 10月 編集期間・完成、 11月 太宰治記念館「斜陽館」で試写会
 2018年1月 公開

○その他・注意事項
1 締切を過ぎて到着した応募作品は、審査対象外となります
2 応募した脚本原稿等は返却いたしませんのでご了承ください 

■主催
 NPO法人かなぎ元気倶楽部
 電話 0173-54-1616 津軽三味線会館内
 住所 037-0202青森県五所川原市金木町朝日山189-3
 e-mail info@kanagi-gc.net

あなたのシナリオ、待ってるはんで!
 
 

この記事についてのお問い合わせ

西北地域県民局地域連携部地域支援室
電話:0173-34-2175  FAX:0173-34-2168

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度