ホーム > 子ども・教育 > 生涯学習 > 第60回全国社会教育研究大会青森大会

更新日付:2019年2月6日 生涯学習課

第60回全国社会教育研究大会青森大会

 全国社会教育研究大会は、全国各地の社会教育委員をはじめとする社会教育関係者が一堂に会し、社会教育に関する研究協議を行う大会です。
 平成30年10月、第60回全国社会教育研究大会青森大会が「社会教育の新たな種を広めよう 青い森から全国に」の大会スローガンのもと、青森市で開催されました。

大会概要

1 大会スローガン
社会教育の新たな種を広めよう 青い森から全国に

2 研究主題
課題をチャンスに 持続可能な未来を創る社会教育の実践を

3 趣旨
 今大会は、昭和34(1959)年に第1回全国社会教育研究大会が開催されてから60回という節目の大会となります。
 今日、少子高齢化やグローバル化など、我が国を取り巻く諸情勢の急激な変化に伴い、社会全体の活力の低下や我が国の国際的な存在感の低下などが懸念される中、東日本大震災の発生によってこれらの問題が一層顕在化・加速化した正に危機的状況にあります。
 青森県は、日本の中でも特に速いスピードで人口減少と少子化・高齢化が進行しており、このまま人口が急速に減少すれば、地域のつながりや地域活動の担い手の減少により、地域の自立的な活動が弱体化してしまうことが危惧されています。
 持続可能で活力ある社会を構築していくためには、「自立」「協働」「創造」の三つの理念の実現に向けた生涯学習社会の構築を目指すことが大切です。直面する危機を回避するためには、個々人の自己実現、社会の担い手の増加、格差の改善、社会全体の生産性の向上、一人一人の絆の確保を図る必要があるといわれています。
 このためには、「未来は変えることができる」、「課題は伸びしろの大きいチャンス」と、理念の実現に向かって社会教育関係者一丸となって挑戦していくことが求められていると思います。
 そこで、本研究大会は、全国各地の社会教育委員をはじめとする社会教育関係者が一堂に会し、一人一人が未来を変えるためには何ができるのかを研究協議します。

4 期日
平成30年10月24日(水)~26日(金)

5 会場
〈全体会〉 リンクステーションホール青森(青森市文化会館)(青森市堤町1丁目4-1)
〈分科会〉 リンクステーションホール青森及び青森国際ホテル(青森市新町1丁目6-18) 

6 参加者
都道府県・政令指定都市・市区町村の社会教育委員及び社会教育関係職員、公民館職員、社会教育関係団体
その他生涯学習・社会教育に関心のある方

7 主催
一般社団法人全国社会教育委員連合、東北地区社会教育委員連絡協議会、東北地区公民館連絡協議会、青森県社会教育委員連絡協議会
青森県公民館連絡協議会、青森県教育委員会、青森市教育委員会、第60回全国社会教育研究大会青森大会実行委員会

8 参加料
一人 5,000円(参加資料代として)

9 大会日程

10 大会内容
・10月25日(木)全体会(受付11:00~12:30)
《アトラクション》12:30~13:00
青森県立田子高等学校郷土芸能部「田子神楽とナニャドヤラ」

《開会行事》13:00~14:00
開会挨拶、一般社団法人全国社会教育委員連合等表彰

《記念対談》14:20~15:20
演題:「課題をチャンスに 持続可能な未来をつくる社会教育の実践に向けて」
~地方創生における社会教育委員の役割~
講師:青森県知事 三村 申吾 氏
東北福祉大学大学院総合福祉学研究科社会福祉学専攻教授 大橋 謙策 氏
((一社)全国社会教育委員連合 前会長)

《シンポジウム》15:40~17:20
テーマ:社会教育の実践の活性化に向けた社会教育委員の「見える化」
コーディネーター:青森県社会教育委員連絡協議会会長 内海 隆
シンポジスト:
尚絅学院大学学長 合田 隆史 氏
香川大学生涯学習教育研究センター センター長・教授、(一社)全国社会教育連合理事 清國 祐二 氏
弘前学院大学准教授 生島 美和 氏
長野県社会教育委員連絡協議会会長 小池 玲子 氏

《閉会行事》17:20~17:30

・10月26日(金)分科会(受付9:00~9:30) ※分科会の詳細については、開催要項を御覧ください。
《分科会》9:30~12:00
◎分科会のコンセプト
 研究主題「課題をチャンスに 持続可能な未来を創る社会教育の実践を」に基づき、各テーマについて、「一人一人が未来を創るために何ができるのか」について、事例を「たたき台」として、地域の問題を解決するための具体的なアイディアを出し合う場とする。
◎分科会テーマ
 第1分科会 地縁と志縁による地域づくりについて考える 
 第2分科会 地域社会の発展、活性化に寄与する人材を育む公民館のあり方について考える
 第3分科会 民間や学校と連携した家庭教育支援について考える
 第4分科会 地域と学校の連携・協働が地域創生につながる活動について考える
 第5分科会 シニア・プレシニア世代が子どもたちと共につくる地域の未来について考える

第60回全国社会教育研究大会青森大会の開催に係る協賛金の募集

 大会の運営に係る経費の一部に充てるため、企業・団体及び個人の協賛金の募集をします。
つきましては、企業・団体及び個人の皆様方からの協賛金について御協力をお願いいたします。 
1 全国大会趣意書PDFファイル[82KB]
2 協賛金募集要領PDFファイル[137KB]
3 協賛金申込書PDFファイル[64KB]

第60回全国社会教育研究大会青森大会分科会事例発表者公募について

 分科会における事例発表者を公募します。各都道府県及び政令指定都市の社会教育委員連絡協議会を通じて御応募ください。
 *公募は終了しました。
1 事例発表者公募要項[20KB]
2 応募申込書(別紙様式1)[18KB]
3 事例発表内容(別紙様式2)[21KB]


関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県教育庁生涯学習課-企画振興グループ
電話:017-734-9888  FAX:017-734-8272

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度