ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 記載事項変更手続きについて

更新日付:2016年5月25日 職員福利課

記載事項変更手続きについて

 契約内容及び記載事項の変更手続きは、変更しようとする内容に応じて「財産形成貯蓄変更届(A)」「財産形成貯蓄変更届(B)」を使用し、手続きを行います。
 財産形成貯蓄変更届(A、B)は各所属に備え付けてありますが、用紙が不足する場合は、職員福利課 総務・健康支援グループ財形貯蓄担当まで請求してください。

1 財産形成貯蓄変更届(A)で変更する内容

<内容>
(1)中断・再開
 2年未満の期間内において積み立てを中断することができます。
 ただし、住宅財形及び年金財形においては中断期間が2年を超えた場合は、再開することができず、解約となりますので注意してください。

(2)最終預入日等(年金財形のみ)
 年金財形の最終預入日等を変更するものです。
 
(3)預入金額
 毎月の積立額を変更するものです。

(4)非課税申告最高限度額
 住宅財形及び年金財形の非課税申告限度額を変更するものです。

(5)受取開始日(年金財形のみ)
 年金財形の受取開始日を変更するものです。

(6)受取回数等(年金財形のみ)
 年金財形の受取回数等を変更するものです。

(7)受取指定口座(年金財形のみ)
 年金財形の受取指定口座を変更するものです。
変更届A(記載方法) PDFファイル 269KB
変更届A(記載方法_限度額変更)PDFファイル[110KB]
変更届A(記載方法_預入金額変更) PDFファイル 261KB

2 財産形成貯蓄変更届(B)で変更する内容

<内容>
(1)氏名

(2)住所

(3)勤務先
 財形上の事業主を変更するものです。異動等により、給与支払者が変更になる場合に必要になります。

(4)届出印
 届出印の変更については、変更届Bの提出の他に、運転免許証の写し等身分を証明するものの提出を求められる場合があります。
 また、旧届出印を紛失している場合は、取扱金融機関において印鑑喪失の手続きも必要となりますので、取扱金融機関の窓口等で所定の手続きをとってください。(保険等においては印鑑喪失の手続きが不要なこともあります。詳しくは各金融機関等へお問い合わせください。)
変更届B(記載方法)PDFファイル[104KB]
変更届B(記載方法_住所変更)PDFファイル[106KB]

3 主な変更手続きの提出期限・提出先

(1)積み立ての中断・再開
 中断・再開希望月の前月6日まで受け付けしています。
 →変更届Aを職員福利課 総務・健康支援グループへ提出

(2)限度額・積立期間の変更
 原則として5月22日から5月31日までの新規契約申込期間のみ受付しています。
 ただし、限度額については、前もって限度額超過を了知した場合は、変更希望月の前月6日まで変更届を受け付けしています。
 →変更届Aを職員福利課 総務・健康支援グループへ提出

(3)氏名・住所・届出印の変更
 毎月15日まで受け付けしています。
 →変更届Bを各取扱金融機関へ提出

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

職員福利課 総務・健康支援グループ
〒030-8540 青森市新町二丁目3-1
電話:017-734-9912  FAX:017-734-8276

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度