ホーム > 子ども・教育 > 生涯学習 > 令和元年度若者の社会参加促進事業

更新日付:2019年5月13日 生涯学習課

令和元年度若者の社会参加促進事業

 若者の社会参加を促進することを目的として、若者団体等が企画立案する地域の課題等を踏まえたモデル事業を実施する事業です。
 また、社会とのつながりへのきっかけを求めている若者の社会参加を促進することを目的として、自立を支援する体験活動を実施する事業です。

若者の社会参加促進事業プランの実践

公民館等の社会教育施設を拠点に、若者団体等の地域活動への参加や若者同士の関わり、地域のつながりを形成するモデル事業プランを実施します。
〇事業プラン実施地区:東青地区・西北地区・上北地区

自然体験・交流塾の実施(困難を抱える子ども・若者支援)

高等学校に在籍しているものの、学校に行きづらくなっている生徒や社会とのつながりへのきっかけを求めている若者(16歳~概ね40歳)10名程度を対象に、「自然体験・交流塾」を実施します。

第1回自然体験・交流塾
〇期日・場所
7月13日(土)・梵珠少年自然の家
7月20日(土)・種差少年自然の家
〇内容:アイスブレイク、野外炊事、創作活動等
第2回自然体験・交流塾
〇期日・場所
8月24日(土)・種差少年自然の家
8月31日(土)・梵珠少年自然の家
〇内容:社会(就労)体験活動等

第3回自然体験・交流塾
〇期日・場所
9月28日(土)・階上岳
10月5日(土)・梵珠山
〇内容:登山等

自然体験・交流塾協力団体等連絡会議
第1回開催前と第3回終了後に、支援団体等により参加者の情報共有や成果と課題、活動内容等について話し合う。
〇回数:各地区2回
〇場所:若者サポートステーション等

  • 弘前第1回
    【弘前地区】第1回自然体験・交流塾(平成30年度)
  • 弘前第2回
    【弘前地区】第2回自然体験・交流塾(平成30年度)
  • 八戸第1回
    【八戸地区】第1回自然体験・交流塾(平成30年度)
  • 八戸第2回
    【八戸地区】第2回自然体験・交流塾(平成30年度)

若者の拠点づくり支援(平成27~29年度実施)

 平成27~29年度、公民館等の社会教育施設を会場に、若者(概ね20~40歳代)を対象に、若者と地域、または若者同士の出会いやつながりを形成することを目的とした市町村事業の企画を支援するとともに、事業実施に係る謝金と旅費を負担する事業を実施しました。
平成29年度実施状況一覧PDFファイル[725KB]
平成28年度実施状況一覧PDFファイル[223KB] →平成28年度「若者の拠点」通信PDFファイル[1132KB]
平成27年度実施状況一覧PDFファイル[217KB] 

《参考》高校教員に対する中途退学者等の状況に関する調査(平成27年度実施)

 平成27年度、高校生の中途退学(以下「中途退学」という)や不登校の生徒への指導経験がある県立高等学校の教員に対して、中途退学に至る経緯や現在の状況等の実態、現在支援してほしいこと等について調査を行いました。調査結果は以下のとおりです。
高校教員に対する中途退学者等の状況に関する調査結果PDFファイル[1453KB]
高校教員に対する中途退学者等の状況に関する調査結果(概要版)PDFファイル[507KB]
(参考)中途退学者に関する他の調査との比較PDFファイル[1573KB]


この記事についてのお問い合わせ

生涯学習課地域連携推進グループ
電話:017-734-9890  FAX:017-734-8272

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度