ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 翠明荘(旧高谷家別邸)門

更新日付:2014年6月3日 文化財保護課

翠明荘(旧高谷家別邸)門

登録有形文化財(登録)

翠明荘(旧高谷家別邸)門

  • 翠明荘(旧高谷家別邸)門
    写真提供 弘前市教育委員会
指定区分 登録有形文化財
名称 すいめいそう(きゅうたかやけべってい)もん
翠明荘(旧高谷家別邸)門
所在地 弘前市大字元寺町
所有者 (株)ムジコ・クリエイト
登録年月日 平成24年2月23日
公開状況 公開(無料)
問合せ先 弘前市教育委員会 文化財課
TEL0172-82-1642

時期<昭和9年>
 翠明荘は、津軽銀行頭取等をつとめた実業家の高谷家が別邸として昭和9年に建設したもので、明治28年建築とされる奥座敷と土蔵を取り込んでいる。昭和37年に所有者が変わり、旅館「翠明荘」として営業、平成2年に現在の所有者となり割烹として利用されている。設計施工は堀江組が担当し、棟梁を堀江佐吉の九男弥助が務めた。
 門は日本館の南側に、店舗と駐車場を画する塀の中央西寄りにあり、装飾性は少ないが、大振りな外観が風格を示している。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課 文化財グループ
電話:017-722-1111(内線 5244)  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度