ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 更上閣主屋

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

更上閣主屋

登録有形文化財(登録)

更上閣主屋

  • 更上閣主屋
    写真提供 八戸市教育委員会
指定区分 登録有形文化財
名称 こうじょうかくしゅおく

更上閣主屋
所在地 八戸市大字本徒土町5-4
所有者 八戸市
登録年月日 平成15年10月17日
公開状況 公開
問合わせ先 八戸市教育委員会
 TEL0178-43-9465

時期<明治30年/大正8年増築>
 更上閣は八戸市の中心市街地に位置し、明治から昭和初期にかけて、呉服商や醤油の製造販売、銀行などを設立した東北を代表する実業家、泉山家の邸宅として建てられたものである。
 住宅に、蟇股や虹梁形の頭貫など、社寺建築の要素を随所に取り入れた近代和風建築である。
 現在は、八戸市の集会場として保存活用されている。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度