ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 旧藤田家別邸洋館

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

旧藤田家別邸洋館

登録有形文化財(登録)

旧藤田家別邸洋館

  • 旧藤田家別邸洋館
指定区分 登録有形文化財
名称 きゅうふじたけべっていようかん
旧藤田家別邸洋館
所在地 弘前市上白銀町8-1
所有者 弘前市
指定年月日 平成15年7月17日
公開状況 公開(有料)
毎週月曜日、11月下旬~4月中旬まで休館
問合わせ先 弘前市教育委員会
 TEL0172-82-1642

時期<大正10年>
 旧藤田家別邸洋館は、日本商工会議所の創設者であり、初代会頭をつとめた、弘前市出身の藤田謙一氏の別邸として建てられた。
 設計は堀江佐吉の六男 堀江金造、施工は長男の堀江彦三郎が施工主任をつとめた建物で、面が台形の形をした袴腰屋根を、反りを付けて玄関先まで下ろす技術や階段吹抜け部分を八角形の塔にし、外観にそびえさせるデザインは、当時の堀江組の技術力の高さを見ることができる。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度