ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 揚亀園

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

揚亀園

登録記念物(登録)

揚亀園

指定区分 登録記念物
名称 ようきえん
揚亀園
所在地 弘前市大字亀甲町
所有者 個人
登録年月日 平成19年7月26日
公開状況 公開
問合せ先 弘前市教育委員会 文化財課
TEL0172-82-1642

 津軽地方を風靡した大石武学流の独特の作風を伝える近代庭園の一つで、弘前の実業家であった中村三次郎の求めに応じて、明治時代後期に小幡亭樹が作庭を開始し、後に池田亭月が手を加えたとされる。三次郎は、大正8年に弘前市内の呉服商から譲り受けた離れ座敷を庭園の東北隅部に茶室として移築し、「揚亀庵」と名付けて庭園を完成させた。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度