ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 青森県立郷土館でコーナー展示「祈り 疫病退散!! ~人形送り・百万遍・ネブタ~」を開催中です。

更新日付:2020年7月31日 教育政策課

青森県立郷土館でコーナー展示「祈り 疫病退散!! ~人形送り・百万遍・ネブタ~」を開催中です。

口頭発表
 県立郷土館ではコーナー展示「祈り 疫病退散!! ~人形送り・百万遍・ネブタ~」を開催中です。

 現在、世界各地では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、様々な対策と努力が続けられています。昔の人々も、このような伝染病の流行に、何度もむきあい、悩まされてきました。本展では、伝染病や悪いものを、外へ送りだすため、代々受け継がれてきた儀礼や年中行事を紹介します。 →チラシはコチラ画像ファイル

1 期 間:令和2年7月20日(月)~8月23日(日)
2 会 場:当館3階特設コーナー
3 観覧料:一般310円(250円)、高校・大学生150円(120円)、カッコ内は20人以上の団体料金。中学生以下は無料。
                 障害のある方は観覧料免除
ポスター発表1
 昭和49年に故野呂善造氏がむつ市川内で撮影した百万遍の数珠繰り。古くから人々は、疫病がムラへ入らないよう、みんなで集まって大きな数珠を回して呪文を唱えました。
ポスター発表2
平内町浦田で毎年旧暦6月24日に行われる人形送り。ワラで男女一対の人形を作り、ムラのなかを練り歩いた後、ムラの外へ送り出すことによって、疫病除けと豊作を祈ります。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度