ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 令和2年2月3日 第38回肢体不自由児・者の美術展/デジタル写真展の書道部門において特賞を受賞した生徒が和嶋教育長を訪問しました。

更新日付:2020年2月7日 教育政策課

令和2年2月3日 第38回肢体不自由児・者の美術展/デジタル写真展の書道部門において特賞を受賞した生徒が和嶋教育長を訪問しました。

生徒たち
 2月3日、「第38回肢体不自由児・者の美術展/デジタル写真展」の書道部門で最高賞の特賞を受賞した、県立青森第一高等養護学校2年の藤野 美穂(ふじの みほ)さん、1年の工藤 恒友(くどう つねとも)さん、神 龍飛(じん りゅうと)さん、県立八戸第一養護学校高等部1年の上久保 知奈(かみくぼ はるな)さん、県立青森第一養護学校中学部3年の平川 礼華(ひらかわ あやか)さんが和嶋教育長を訪問しました。
 
 5人の生徒はそれぞれ、制作の様子や受賞の喜びを教育長へ報告しました。
作品
 特賞のうち厚生労働大臣賞に輝いた藤野さんは、「新しい時代に向かって一歩ずつ進んでいこうという思いで『令和元年』と書きました。」と制作の様子を話していました。
記念写真
 和嶋教育長は、生徒たちの報告を受け、「書はその言葉への思いが表れるものです。これからも自分の思いを言葉に表して、鑑賞した人を感動させる書を書いてください。」と激励しました。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度