ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 令和元年9月2日 全国高等学校俳句選手権大会で 優勝した弘前高等学校の生徒が和嶋教育長を訪問しました。

更新日付:2019年9月11日 教育政策課

令和元年9月2日 全国高等学校俳句選手権大会で 優勝した弘前高等学校の生徒が和嶋教育長を訪問しました。

生徒と記念撮影する和嶋教育長
 9月2日、第22回全国高等学校俳句選手権大会(俳句甲子園)で優勝した弘前高等学校文芸部3 年の武田 鮎奈(たけだ あゆな)さん、須藤 光(すとう ひかる)さん、小枝 杏奈(こえだ あんな)さん、2年の本多 佳穂(ほんだ よしほ)さん、襖野 結子(にしの ゆいこ)さん、若井 未緒(わかい みお)さん、1年の北山 晶(きたやま あき)さんが和嶋教育長を訪問しました。
 
 
弘高文芸部2
 大会は5人1組のチーム戦で行われ、作品の創造力(作品点)と、質疑応答による鑑賞力(鑑賞点)の合計点で競いました。
 部長の武田さんは、「優勝したときは、とにかく嬉しかったです。全国大会ということもあり、対戦した学校はそれぞれ特色があり、最後まで楽しい試合でした。」と優勝の喜びを語りました。
 和嶋教育長は、「俳句は、人間の豊かさが言葉に表れるものであり、優勝は、技術だけでなく一人一人の人柄や人間性が評価された結果だと思います。自信をもって次のステージに進んでいってほしいと思います。」と激励しました。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度