ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 高校生が縄文遺跡のガイドを体験しました!

更新日付:2019年8月9日 教育政策課

高校生が縄文遺跡のガイドを体験しました!

 高校生が地元の縄文遺跡の魅力を学び、その新たな活用方法を検討していく「高校生縄文案内人養成事業」の一環として、七戸町と八戸市で高校生によるガイド体験を実施しました。

○二ツ森貝塚/七戸町 (8月1日(木)~3日(土))

 七戸町では、七戸高校の生徒が、二ツ森貝塚のガイドを体験しました。
 地元のボランティアガイドの方からお客様を案内する際のコツを教えて頂きながら、お客様に表示するフリップを自分たちで作成し、訪れた小学生に遺跡のガイドを行いました。
 ガイドを体験した生徒は、「遺跡の魅力を広める活動にもっと貢献したい」と話していました。

  • 七戸2

○是川石器時代遺跡/八戸市(8月2日(金)~4日(日))

 八戸市では、八戸商業高校の生徒が、是川縄文館で是川石器時代遺跡についてのガイドを体験しました。
 地元のボランティアガイドの方から遺跡や展示品について教えていただくと、来館者と談笑しながら、自分たちの言葉で遺跡の魅力を伝えていました。
 ガイドを体験した生徒は、「自分の言葉で伝えることの難しさを知った。是川に住む者としてもっと縄文について知りたい」と話していました。

  • 七戸2

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度