ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 平成30年9月4日 全国高等学校総合文化祭放送部門「文部科学大臣賞」を受賞した生徒が知事を訪問しました。

更新日付:2018年9月21日 教育政策課

平成30年9月4日 全国高等学校総合文化祭放送部門「文部科学大臣賞」を受賞した生徒が知事を訪問しました。

懇談する知事
 8月に長野県で開催された平成30年度第42回全国高等学校総合文化祭「2018信州総文祭」の放送部門に本県代表として出場し、初の文部科学大臣賞を受賞した生徒たちが知事を訪問しました。
 放送部門はアナウンス、朗読、オーディオピクチャー、ビデオメッセージ、CM(長野大会特設)の5部門からなり、出場した生徒15人が1人ずつ自分の作品などについて自己紹介しました。
知事乾杯
 朗読部門で優秀賞に輝いた弘前高校3年の木村瑞希(きむら みずき)さんは、知事のリクエストで森沢明夫さん作の小説「津軽百年食堂」の一部を朗読しました。文部科学大臣賞の受賞については、「このメンバーで賞をとれたことをすごく誇りに思います。」と話していました。
集合写真
 三村知事は「一途にがんばってきてみんなでいただいた賞だと思う。最高のパフォーマンスができたことが、これから生きていく上でがんばっていける力になる。」と生徒たちにエールを送りました。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度