ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 平成30年6月18日 青年海外協力隊として派遣される教員及び帰国された教員が教育長を訪問しました。

更新日付:2018年6月25日 教育政策課

平成30年6月18日 青年海外協力隊として派遣される教員及び帰国された教員が教育長を訪問しました。

教員と記念撮影する中村教育長
6月18日、青年海外協力隊に「現職教員特別参加制度」により派遣される大湊高校 金濱亨(かねはま あきら)教諭、野辺地町立若葉小学校 玉山景子(たまやま けいこ)教諭、また派遣から帰国された八戸市立下長中学校 兼田美沙(かねた みさ)教諭が教育長を訪問しました。
教員3人
金濱教諭(写真右)は、平成30年7月9日から平成32年3月20日まで、ジャマイカ国キングストンにある教育青年情報省に体育授業の運営支援等を目的として派遣されます。

玉山教諭(写真中央)は、平成30年7月2日から平成32年3月20日まで、セネガル国ティエス州教員研修センターに授業手法への支援等を目的として派遣されます。

兼田教諭(写真左)は、平成28年6月27日から平成29年4月17日までタンザニア国に、平成29年4月18日から平成30年3月23日までソロモン国に数学教員として派遣されました。
激励する中村教育長
金濱教諭と玉山教諭は現地での活動予定や抱負等を、兼田教諭は現地での経験等を報告され、和嶋教育長は「日本と海外との教育の架け橋として、これから頑張ってください。」と激励しました。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度