ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 平成29年12月7日 平川市立尾上中学校で、がん教育が行われました。

更新日付:2017年12月14日 教育政策課

平成29年12月7日 平川市立尾上中学校で、がん教育が行われました。

弘前大学教授大学院 佐藤温教授の講話「がんについて知ろう」
 12月7日、平川市立尾上中学校で、がん教育が行われました。
 尾上中学校では学校保健委員会の一環として「生活習慣について考えよう」というテーマで取り組んでおり、この日は弘前大学大学院医学研究科の佐藤温教授から「がんについて知ろう ~いのちのはなし~」という演題のもと、講話をしていただきました。会場となった体育館には全校生徒266名のほか、保護者の方や教職員などが集まり、佐藤教授の講話に耳を傾けていました。
 
 
様子
 はじめに、佐藤教授は、平川市が「東北・北海道の住みよさランキングベスト20」に青森県で唯一入っているなどの話しをされ、また、ときおり生徒を笑わせたり生徒にマイクを向けるなど、生徒の関心を引いていました。
パネルディスカッションの様子
 講話は、「細胞のがん化の原因」や「がんの種類」、「がん検診と早期発見の大切さ」といったものから、がんに罹患した方の体験談、手記の紹介など、がんについて正しい知識を得るとともに命の大切さを考えるためのお話しとして生徒や保護者にもわかりやすい内容でした。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度