ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 平成29年9月14日 平成28年度全国高等学校選抜自転車競技大会で優勝し、2017年UCIジュニアトラック世界選手権大会で8位入賞を果たした八戸工業高校の生徒が教育長を訪問しました。

更新日付:2017年9月14日 教育政策課

平成29年9月14日 平成28年度全国高等学校選抜自転車競技大会で優勝し、2017年UCIジュニアトラック世界選手権大会で8位入賞を果たした八戸工業高校の生徒が教育長を訪問しました。

八戸工業高校
 9月14日、平成28年度全国高等学校選抜自転車競技大会「1kmタイムトライアル」競技において優勝し、2017年UCIジュニアトラック世界選手権大会「チームスプリント」競技において日本ジュニア新記録で8位入賞を果たした八戸工業高校3年磯島 成介(いそじま まさよし)さんが教育長を訪問しました。
 磯島さんは、1984年に開催されたロサンゼルスオリンピック自転車競技において銅メダルを獲得した坂本勉さんの甥にあたり、高校入学からめきめきと力を伸ばし、2年生では全国合宿に参加するほどの選手に成長し、今回の結果につながりました。
八戸工業高校
 磯島さんは、「世界選手権大会では、外国選手の体格の大きさに圧倒された。もっと体を鍛えて筋力をつけ、世界で戦える選手になりたい。」と、意気込みを語りました。
八戸工業高校
 中村教育長は、「自転車競技は、100分の1秒が勝敗を決するという厳しいスポーツであり、そんな中で記録を残し、継続して実績を積み上げていくことは、日頃の努力の賜である。来月の愛媛国体ではコンディションをピークに持っていき、自分の納得できる成績を残せるよう頑張ってください。」と激励しました。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度