ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 平成29年7月30日~8月1日 総合学校教育センターなどにおいて、平成29年度深い学び探究プログラム「青森県高校生サイエンスキャンプ」を開催しました。

更新日付:2017年8月29日 教育政策課

平成29年7月30日~8月1日 総合学校教育センターなどにおいて、平成29年度深い学び探究プログラム「青森県高校生サイエンスキャンプ」を開催しました。

サイエンスキャンプ
 7月30日~8月1日、青森県総合学校教育センターなどにおいて、県内の高校生を対象に平成29年度深い学び探究プログラム「青森県高校生サイエンスキャンプ」を開催しました。この合宿は、科学における視野を広げ探究心を育成するために開催したもので、科学に興味・関心の高い高校生40名が参加しました。
サイエンスキャンプ
 キャンプ初日、千葉工業大学未来ロボット技術研究センター古田貴之所長から基調講演として、ロボット研究と未来社会についてお話がありました。
 講演では、簡単なロボットを実際に操作しながら、ゲーム感覚で楽しく原理を知ることができました。「技術が高度になると誰でも操縦でき、事故がなくなり、環境に優しくなる。」、「物事を鵜呑みにせず、見えない本質を見抜けるよう、深く掘り下げる。」といった講師の言葉が、参加した生徒の印象に残っていました。
サイエンスキャンプ
 キャンプ3日目、青森大学で薬用植物体験をしている様子です。
 青森大学大越絵実加准教授の指導のもと、2種類のハッカの香りの違いや、チョウジによる局所麻酔を体験しました。
 今回のキャンプに参加した生徒のアンケートでは、「多くの知識も学んだが、何かに挑戦するときの気の持ち方や諦めないことの大切さも学ぶことができた。」、「いろんな分野に興味が湧き、いろんな人と議論し、自分が成長できたような気がする。来年も参加したい。」などキャンプで得たものを今後に生かしたいという意気込みが感じられました。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度