ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 平成29年6月25日 「あおもりJOMONフェスタ」(五所川原会場)を開催しました。

更新日付:2017年6月30日 教育政策課

平成29年6月25日 「あおもりJOMONフェスタ」(五所川原会場)を開催しました。

縄文フェスタ
 6月25日、五所川原市のELMにおいて、「あおもりJOMONフェスタ」を開催しました。このフェスタは、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録をめざす気運を醸成するため、地域の財(たから)・縄文遺跡の価値や縄文文化の多様な魅力、世界遺産登録活動の意義について、楽しみながら理解を深めるPRイベントで、県内4箇所で順次開催します。
 第1弾となる五所川原会場でのフェスタには、親子連れや縄文ファンが訪れ、世界遺産登録をめざす「青森の縄文」を見て・触れて、楽しみながら様々なプログラムに参加していました。
 第2弾以降の会場等の詳細については、コチラをご覧ください。
縄文フェスタ
 縄文時遊館のスタッフが運営する「縄文体感コーナー」の様子です。参加者は、三内丸山遺跡から出土したホンモノの土器や石器、土偶のレプリカを手にとって、重さや質感を確かめたり、用途を想像したりと、縄文時代に想いを馳せていました。
縄文フェスタ
 切り絵を通して土偶のデザインや造形美への理解を深める「ちょきちょき縄文切り絵体験」の様子です。参加者は、見事な手さばきでお気に入りの一体を完成させていました。
縄文フェスタ
 「縄文人なりきり体験コーナー」の様子です。縄文時代の衣装やアクセサリーを身につけ、お父さん・お母さんのカメラに可愛くポーズをとっていました。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度