ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション

更新日付:2015年7月29日 文化財保護課

津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション

民俗文化財(重要有形民俗文化財)

津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション

指定区分 重要有形民俗文化財
名称及び員数 つがるかいきょうおよびしゅうへんちいきの
むだまはぎがたぎょせんこれくしょん
津軽海峡及び周辺地域の
ムダマハギ型漁船コレクション
 67隻
所在地 青森市沖館2丁目2-1(あおもり北のまほろば歴史館)
所有者 青森市
指定年月日 平成9年12月15日
公開状況 公開(有料)
問合せ先 青森市教育委員会文化財課
 TEL017-718-1392

 ムダマハギとは、2枚の刳りぬいた木材(ブナ、カツラ、ヒバ、スギ等)を組み合わせてムダマと呼ばれる船底を作り、それに波よけの棚板をつけて作る船で、刳り抜きの船底が厚く丈夫であるため荒磯に耐え、重いため波に流されず安定し、磯漁に使いよいといわれている。
 この資料は、秋田県北部、岩手県北部から津軽海峡を挟んだ渡島半島南部までの地域で使用された、伝統的なムダマハギ型漁船とその変遷過程を示す漁船からなるコレクションである。
 丸木舟の次の技術段階を示すもので、日本の木造船の発達過程を理解する上で特に重要なものとして、はじめての木造漁船のコレクション指定となった。
 内訳:丸木舟 2隻、ムダマハギ型漁船 43隻、四枚接ぎ型漁船 22隻

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課 
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度