ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 白糸威褄取鎧 兜、大袖付

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

白糸威褄取鎧 兜、大袖付

国宝(工芸品)

白糸威褄取鎧 兜、大袖付

  • 白糸威褄取鎧 兜、大袖付
    写真提供 櫛引八幡宮
指定区分 国宝
名称及び員数 しろいとおどしつまどりよろいかぶと、おおそでつき
白糸威褄取鎧 兜、大袖付  1領
所在地 八戸市八幡字八幡丁3
所有者 櫛引八幡宮
指定年月日 昭和28年11月14日
公開状況 公開(有料)
問合せ先 八戸市教育委員会社会教育課
 TEL0178-43-9465

時期<南北朝時代>
 この鎧は、大袖、草摺などを紫、黄、萌黄、紅糸などで褄取して白糸で威し、白色を基調とした絵韋の唐獅子牡丹文に、金具類を鍍銀しているところから、「卯の花威」ともよばれている。
 兜は、黒漆塗の鉄板を矧ぎ合せて、前後左右に鍍銀の板金を張った三十八間四方白の星兜であり、鍬形はないが鉢の正面の鎬垂が堂々たる風格を示している。
 根城南部家7代の南部信光が、南朝の後村上天皇から拝領したものと伝えられ、南北朝時代を代表する端正で上品な鎧である。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度