ホーム > 子ども・教育 > 学校教育 > 認定こども園への移行を予定している保育所に保育士として勤務されている方へ

更新日付:2015年2月19日 教職員課

認定こども園への移行を予定している保育所に保育士として勤務されている方へ

 「就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する
法律」(以下「改正認定こども園法」という。)の施行(平成27年4月1日)に伴い、「新たな幼保連携
型認定こども園」が創設されます。
 「新たな幼保連携型認定こども園」には、保育教諭や講師等(以下「保育教諭等」という。)を置くこ
とが義務づけられていますが、学校教育と保育を一体的に提供する施設であるため、「保育教諭等」
には幼稚園教諭免許状と保育士の資格の両方を有することが原則とされています。ただし、「改正
認定こども園法」の施行から5年間は経過措置により、幼稚園教諭免許状または保育士の資格い
ずれかを有していれば「保育教諭等」となることができます。

  ・認定こども園法の改正について
  ・「新たな幼保連携型認定こども園」について

幼稚園教諭免許状取得の特例制度

 「改正認定こども園法」の施行に伴い、「新たな幼保連携型認定こども園」への円滑な移行を促
進するため、保育士の資格を有し保育士等として一定の実務経験がある方に対して通常よりも少
ない単位数で幼稚園教諭(一種または二種)免許状を取得することができる特例が設けられまし
た。
 なお、この特例は、「改正認定こども園法」の施行から5年間の経過措置となっています。

 (参考リンク)文部科学省
  幼稚園教諭の普通免許状に係る所要資格の期限付き特例 
 
  特例による幼稚園教諭免許状の申請についてはこちら

免許状更新講習の受講資格の拡大について

 「改正認定こども園法」の施行に伴い、認可保育所の保育士が免許状更新講習を受講できるよ
う、受講資格が拡大されました。

 (参考リンク)文部科学省
  免許状更新講習の受講対象者の拡大について

 免許状更新講習を受講できる期間及び更新講習修了確認の申請ができる期間は下記のとお
り定められています。
  • 旧免許状所持者(平成21年3月31日以前に教員免許状を授与された者)
     ⇒生年月日によりその期間が割り振られています。
       (参考リンク)文部科学省
        修了確認期限をチェック
  • 新免許状所持者(平成21年4月1日以降に初めて教員免許状を授与された者)
     ⇒免許状に記載されている「有効期間の満了の日」の2年2か月前から2ヶ月前が期間と
     なります。

既に取得した幼稚園教諭免許状(旧免許状)の取扱いについて

 幼稚園教諭免許状(旧免許状)を持っている方が「新たな幼保連携型認定こども園」の「保育教諭
等」となる場合、修了確認期限の時期により幼稚園教諭免許状の取扱いが異なります。
 「改正認定こども園法」の施行から5年経過後も、引き続き「保育教諭等」として勤務する場合は、
各自必要となる期間内に免許状更新講習を受講し、更新講習修了確認申請を行う必要があります。
 
  ・詳しくはこちら 
 
  ・教員免許更新の詳細についてはこちら
  ・教員免許更新の申請についてはこちら

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県教育庁教職員課 総務・免許グループ
〒030-8540 青森市新町2丁目3-1
電話:017-734-9893  FAX:017-734-8274

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度