ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 小湊のハクチョウおよびその渡来地

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

小湊のハクチョウおよびその渡来地

記念物(特別天然記念物)

小湊のハクチョウおよびその渡来地

  • 小湊のハクチョウおよびその渡来地
    写真提供 平内町教育委員会
指定区分 特別天然記念物
名称 こみなとのはくちょうおよびそのとらいち
小湊のハクチョウおよびその渡来地
所在地 青森市、東津軽郡平内町
管理団体 平内町
指定年月日 天然記念物:大正11年3月8日
特別天然記念物:昭和27年3月29日

白鳥の仲間は6種ほどいるが、日本へ渡来するのはオオハクチョウとコハクチョウで、両種ともに繁殖地は北緯50度以北であり、コハクチョウの方がより北方である。
 青森県に渡来するのは主としてオオハクチョウで、コハクチョウは更に南下するが、その途中で短期間休息することがある。
 オオハクチョウが小湊に渡来するのは10月上旬ころからで、滞留期間は長いもので200日ほどであり、遅いものでも5月上旬までには飛去する。
 小湊浅所海岸での畠山正光の長年の調査によれば、1日当たり観察羽数の最高は1959年の1,300羽前後である。
 餌はアマモなどの根やカモガヤなどのような植物質のもの、あるいはスナモグリなど水生動物である。
 体重は10~15kg。ひなは5、6月ころふ化し、成長が早く、飛来期までにはほぼ成鳥の大きさになっている。 

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課 
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度