ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > オオワシ

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

オオワシ

記念物(天然記念物)

オオワシ

指定区分 天然記念物
名称 おおわし
オオワシ(タカ科)
主な生息地 北海道、石川県、福井県
指定年月日 昭和45年1月23日

 カムチャッカ、サハリンで繁殖し、千島列島を経て日本へ渡来する冬鳥。
 地色は黒褐色。翼の前部が白くふちどられ、腹面も白色であり、色彩の調和が美しい。 北海道に多いが、本州では稀れ。本県には11月ころ渡来し、翌年5月ころまで滞留する。今までに観察記録されている地点は小川原湖、十三湖近くの水田、三厩村などだが、個体数は少ない。
 主として海岸や湖沼付近で見られ、大型の魚類を主食とし、ノウサギなども捕食する。グライダーのような飛び方で、時速160kmほどに及ぶ。
 タカ科では日本最大。くちばしは世界のタカ科の中で最も強大。ワシとしての威厳と気品は世界最高とみなされる。
 寿命は80~100年といわれる。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課 
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度