ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 法量のイチョウ

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

法量のイチョウ

記念物(天然記念物)

法量のイチョウ

  • 法量のイチョウ
    写真提供 十和田市教育委員会
指定区分 天然記念物
名称 ほうりょうのいちょう
法量のイチョウ
所在地 十和田市法量字銀杏木
管理団体 十和田市
指定年月日 大正15年10月20日
公開状況 公開
問合わせ先 十和田市教育委員会
 TEL0176-72-2313

 推定樹齢約1,000年、樹高約30m、目通り幹囲約14mである。
 淵沢集落のはずれ善正寺跡といわれる高台にある南祖坊手植えの伝承をもつ雄のイチョウであり、地上から2~3mの主幹から6本の支幹が伸びている。
 多数の気根が見られ、太いものは基部の周囲約60cm、長さ2.42mに及び、枝葉はよく繁茂し、1樹というより小さい森という印象を受ける。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課 
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度