ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 田小屋野貝塚

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

田小屋野貝塚

記念物(史跡)

田小屋野貝塚

  • 田小屋野貝塚
    写真提供 青森県立郷土館
指定区分 史跡
名称 たごやのかいづか
田小屋野貝塚
所在地 つがる市木造館岡田小屋野
管理団体 つがる市
指定年月日 昭和19年6月26日
公開状況 公開
問合わせ先 つがる市教育委員会
 TEL0173-49-1194

 縄文時代の前期及び中期の貝塚遺跡で、指定面積は約1万4千m2である。昭和3年(1928)に中谷治宇二郎・今井冨士雄が発掘し、さらに平成2年(1990)と3年には県立郷士館による発掘調査が行われ、縄文時代前期の堅穴住居跡1棟を発見している。
 縄文時代前期~中期の円筒土器とそれに後続する土器や石器・石製品・土製品・骨角器、貝輪などが出土。
 汽水性のヤマトシジミを主体とする貝塚で、十三湖北岸に所在するオセドウ、笹畑貝塚などとともに、日本海側に見られる数少ない貝塚の一つとして貴重である。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課 
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度