ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 種差海岸

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

種差海岸

記念物(名勝等)

種差海岸

  • 種差海岸
    写真提供 八戸市教育委員会
指定区分 名勝
名称 たねさしかいがん
種差海岸
所在地 八戸市鮫町
管理団体 八戸市
指定年月日 昭和12年12月21日
公開状況 公開
問合わせ先 八戸市教育委員会
 TEL0178-43-9465

 八戸市鮫町の蕪島から、南東の同市大久喜までの約10kmの海岸地域が指定されている。
 八戸の海岸を見ると、蕪島の南にはハマナスの群落地で知られる大須賀海岸、海水浴場として有名な白浜海岸が広がっている。白浜海岸の南は急に岩石海岸と変化し、荒々しい姿を見せる。いろいろな岩石が海食によって変化し、奇岩怪石となって出入りの多い海岸線を形づくっている。釜の口、縄掛石、白石、高石、弁天崎などと名付けられた岩礁に白波が砕ける。
 この岩石海岸の間に、種差、大須賀などの砂浜海岸には幾重もの波が押し寄せる風景に加え、火山灰に覆われた後背地には、スズラン、スカシユリ、ハマナス、ハマギクなどの花が季節を彩る。
 種差海岸は、静、中、動を兼ね備えた自然の美しさの極致となっている。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課 
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度