ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 向外瀬のモクゲンジ(センダンバノボダイジュ)

更新日付:2010年7月15日 文化財保護課

向外瀬のモクゲンジ(センダンバノボダイジュ)

記念物(県天然記念物)

向外瀬のモクゲンジ(センダンバノボダイジュ)

指定区分 県天然記念物
名称 むかいとのせのもくげんじ(せんだんばのぼだいじゅ)
向外瀬のモクゲンジ(センダンバノボダイジュ) 1本
所在地 弘前市向外瀬4-10
所有者 個人
指定年月日 平成9年5月14日
公開状況 公開
問合せ先 弘前市教育委員会 文化財課
TEL0172-82-1642

 第4代藩主信政公の元禄16年(1703)に外瀬村に薬草を植えたことが記録等に出ている。このモクゲンジも薬草として植えられたと考えられる。薬草園がここにあった証拠として、貴重なものである。
 モクゲンジは、お寺などでよく植えられているが、文献によれば、幹周2m程度で記録に残るほどであるから、向外瀬のモクゲンジ(幹周3.1m)は、我が国でも最大級の古木と思われる。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度