ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 妙経寺のカヤの木

更新日付:2010年7月15日 文化財保護課

妙経寺のカヤの木

記念物(県天然記念物)

妙経寺のカヤの木

指定区分 県天然記念物
名称 みょうけいじのかやのき
妙経寺のカヤの木 1本
所在地 黒石市京町字寺町12
所有者 妙経寺
指定年月日 昭和63年10月25日
公開状況 公開
問合せ先 黒石市教育委員会 文化スポーツ課
TEL0172-52-2111(代)

 推定樹齢500年、樹高19.5m、目通り幹囲4.5mである。根元回り6.55m、枝張りは東西約19m、南北18mに及んでいる。
 カヤの木は、承応元年(1652)の妙経寺創建以前から、当地に相当の大きさで生育していたと伝えられている。妙経寺となって、庭園造成の際に、池の中にある中島に位置するようになり、以後の埋め立てによって今日に至っている。
 自然分布の北限をはるかに越えた位置にあって、良好な環境に恵まれ、日本有数の巨木として、年々旺盛な発育を示している。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度