ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 妙堂崎のモミの木(トドロッポ)

更新日付:2010年7月15日 文化財保護課

妙堂崎のモミの木(トドロッポ)

記念物(県天然記念物)

妙堂崎のモミの木(トドロッポ)

指定区分 県天然記念物
名称 みょうどうざきのもみのき(とどろっぽ)
妙堂崎のモミの木(トドロッポ) 1本
所在地 北津軽郡鶴田町妙堂崎字掛元12
所有者 個人
指定年月日 昭和59年4月19日
公開状況 公開
問合せ先 鶴田町教育委員会 社会教育班
TEL0173-22-2111(代)

 推定樹齢350年、樹高約30m、目通り幹囲約6mである。
 このモミの木の植栽の年代は明らかでないが、樹の大きさから推定して、元和年代(1615~1623)から寛永年代(1624~1643)のころ、津軽藩が木造新田の開拓に本腰を入れた頃、植えられたものと思われる。
 最近まで地上約7m付近に、サクラ(樹種不明)が根付いていたが、昭和61年(1986)10月にサクラに栄養分が取られるというので、切ってしまった。そのあとを雨水が入らないようにコンクリートでふさいでいる。
 「トドロッポ」と地域の人々が呼んでいるが、アイヌ語だともいわれ、詳しいことは分からない。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度