ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 金木町玉鹿石

更新日付:2010年7月15日 文化財保護課

金木町玉鹿石

記念物(県天然記念物)

金木町玉鹿石

  • 金木町玉鹿石
    写真提供 五所川原市教育委員会
指定区分 県天然記念物
名称 かなぎまちぎょっかせき
金木町玉鹿石
所在地 五所川原市金木町喜良市字小田川国有林
管理者 五所川原市教育委員会
指定年月日 昭和55年1月24日
公開状況 公開
問合せ先 五所川原市教育委員会 文化スポーツ課
TEL0173-35-2111(代)

 玉鹿石は青森県特産のいわゆる「にしき石」の一種で、藩政時代から多くの人々に親しまれてきた歴史をもち、にしき石の中でも優れた銘石である。
 玉鹿石は岩石の中に直径0.5~1.5ミリの丸い粒が散在しているのが特徴である。高橋沢鹿ノ手滝1.5キロの左岸の崖に露出しており、崖を作っている玄武岩溶岩の中に団塊状に含まれている。
 玉鹿石の成因はにしき石と同様に岩石、鉱物、鉱床学の学術研究上、未解決の分野が多く残されている。
 近年各地で乱掘が行われ、枯渇寸前の状態にある。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度