ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 横浜町の神楽

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

横浜町の神楽

県無形民俗文化財

横浜町の神楽

  • 横浜町の神楽
    写真提供 横浜町教育委員会
指定区分 県無形民俗文化財
名称 よこはままちのかぐら
横浜町の神楽
所在地 上北郡横浜町字有畑・字浜田・
字鶏沢・字大豆田・字檜木
保護団体 横浜町郷土芸能保存会
指定年月日 平成4年3月11日
公開状況 1月中旬の発表会(ふれあいセンター)
及び8月18日の桧木八幡神社の例大祭で公開
問合せ先 横浜町教育委員会 教育課
TEL0175-78-6622

 門打ちを正月3日に行い、祭礼・祝儀など、年間20回ほど演じられている。
 演目は獅子舞、さんば、杓子舞や、つきあげ、都々逸などの「手踊り」、やだらざえもんの道化舞を伝承しているが、かつては27演目があったという。
 1770年頃にはすでに行われ、横浜町9地区のうち桧木八幡神社以北に神楽が伝承されており、昭和62年には郷土芸能保存会を結成し、活発に活動を行っている。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度