ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 津軽神楽

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

津軽神楽

県無形民俗文化財

津軽神楽

  • 津軽神楽
    写真提供 弘前市教育委員会
指定区分 ・県無形民俗文化財
・記録作成等の措置を講ずべき無形の
 民俗文化財(国選択)
名称 つがるかぐら
津軽神楽
所在地 弘前市乳井字外の浜
保護団体 津軽神楽保存会
県指定年月日 昭和31年5月14日
国選択年月日 昭和51年12月25日
公開状況 津軽地域の代表的な神社
宵宮と例祭時
問合せ先 弘前市教育委員会文化財課
 TEL0172-82-1642

 津軽地方の神社において、祭礼等に神楽殿や拝殿で行われる。 神入り舞、宝剣、磯浪、千歳、榊葉、弓立、天王、朝倉、湯均舞、お獅子、四家舞 の11演目が現在残っており、そのほかに湯華、献備、国堅舞、木綿幣鋳舞、神子舞、 若子舞、榊舞、木綿東女舞、御幣座舞などの舞があった。
「狂楽舞」として平維茂、牛若丸、弁慶、鬼女、恵比寿舞、猖々祖号舞、熊坂長範、狐があった(これらは下北地方に伝承されている能舞・神楽と同種の演目である)。
 藤崎町の堰八豊後安高が正徳2年(1712)江戸に上り、鏑木大蔵から伝授されたのち正徳4年(1714)帰藩し、東照宮の山辺丹後と相談し神職を指導し、同年7月 高岡霊社の祭典に奉納したのが始まりであるといわれる。
 神職のみによって演じられる格式の高い芸能である。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、保護団体又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度