ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 貞昌寺庭園

更新日付:2010年7月15日 文化財保護課

貞昌寺庭園

記念物(県名勝)

貞昌寺庭園

指定区分 県名勝
名称 ていしょうじていえん
貞昌寺庭園
所在地 弘前市新寺町108
所有者 貞昌寺
指定年月日 平成14年7月24日
公開状況 公開
問合わせ先 弘前市教育委員会
 TEL0172-82-1642

 貞昌寺庭園は、本堂から書院、庫裏へ東西に長く連続する建物の南側、主に書院を中心に作られた築山泉水庭で、鑑賞(座観)式と回遊式を兼ねた庭園である。また、景観構成の面からみると、岩木山と岩木川、川向こうの里山を含め、津軽平野の風景を描写した縮景式庭園であり、加えて背景に県境の山並みを取り込んだ借景式庭園でもある。
 作庭者は、津軽氏4代藩主信政に召し抱えられた野本道玄と伝えられている。貞昌寺は2度の全焼に遭っており、庭園は昭和50年頃から約20年の歳月をかけて復元されたものである。
 地割は庭園全面積の3分の1を占める平坦な芝生地を中心に、後方東から南側には細長い池が横たわり、池の背後は全面に里山風の低い築山群、さらに右手(西側)には岩木山を模写した富士山型の築山を配し、その北側庫裏との間には、芝生地との間を簡素な結界で距てられた内庭が設けられている。
 植栽はアカマツ、クロマツ、イチイ、サワラ、ツバキ、モミジ類、ツツジ類など樹種が豊富で、主に築山一体と本堂脇出入口附近、庫裏前中庭に植えられており、後方には高・中木、前面には段作りや玉物などの修景樹を景石、石組と組合わせて散植している。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度