ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 成田家庭園

更新日付:2010年7月15日 文化財保護課

成田家庭園

記念物(県名勝)

成田家庭園

指定区分 県名勝
名称 なりたけていえん
成田家庭園
所在地 弘前市樹木1-2-10
所有者 個人
指定年月日 平成12年8月30日
公開状況 公開
問合わせ先 弘前市教育委員会
 TEL0172--82-1642

 成田家庭園は、大石武学流第5代宗家池田亭月が作庭した枯山水である。
 書院から岩木山を眺望する通景線を主軸として、右奥に低い築山を築いて枯滝石組を組み、下に枯流れを作り、流し枝仕立てのマツを添植えし、また築山の右手前には庭中最大の巨石を立て、要所に大石を配すなど、借景の岩木山と一体化した景観構成がなされている。
 庭園の大部分は平坦な庭面で、中央部は開けており、手前に神拝石(礼拝石)が据えられている。軒内は庭面より一段高く、洋かん型の切石をならべて囲み、外側に小砂利敷きの雨落ちをめぐらせている。二神前、つくばいの構成、飛石の打ち方ともに大石武学流の定石に則っている。
 植栽は、マツ・モミジ・サワラなど修景・境界植栽のほか、ツツジやサツキ類など石組の添植えが多数用いられている。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度