ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 根笹派大音笹流錦風流尺八

更新日付:2011年11月1日 文化財保護課

根笹派大音笹流錦風流尺八

県技芸

根笹派大音笹流錦風流尺八

指定区分 県技芸
名称 ねざさはおおねざさりゅうきんぷうりゅうしゃくはち
根笹派大音笹流錦風流尺八
所在地 弘前市
保持者 須藤脩鵬、山田史生、平尾雄三(竹朋)、藤田昌宏(竹心)
指定年月日 昭和56年6月23日
問合せ先 弘前市教育委員会文化財課
 TEL0172-82-1642

 演目は「調、下り葉、松風の調・松風、通里、門付け、鉢返し、三谷清攬、獅子、流鈴慕、虚空」である。以上の津軽十調子のほかに外曲として「流六段(一閑流六段)、宮城鈴慕、鶴の巣籠」を伝える。
 弘前蕃9代寧親の命により吉崎八弥好道が一月寺に入門し、文政元年(1818)に帰蕃し伝えた普化尺八の1つの流派である。
 現在、県技芸の保持者は、須藤脩鵬(平成9年追加認定)、山田史生(平成18年追加認定)、平尾竹朋、藤田竹心(平成23年追加認定)の4名である。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学等に関するお問い合わせは、市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度